ノートPC&タブレットはどう選ぶ?狙い目は個性派モデル!【秋の新定番50】

【各ジャンルのプロたちが語る秋の新定番50】

いよいよ物欲の秋来たる! と言うわけで今回は本誌の誇るライター陣が、それぞれの担当ジャンルで最新の「定番」を分析&解説します。これさえ押さえておけばベストバイ間違いなし、です!

より目的に特化した個性派モデルに注目

仕事用、勉強用のツールだと割り切って使うなら、価格の安いコスパ重視モデルは非常にいい選択肢です。が、普段から趣味や遊びに使いたいとなると話は別。なぜなら利用時間が長くなるため、性能不足や操作のしにくさといった不満を感じやすいからです。

こういった用途で製品を選ぶなら、特定層の心をガッチリとつかむ個性派モデルが狙い目。キーボードの打ちやすさ、LTE接続まで含めたネット接続性、新世代CPU搭載による高性能、小型化の追求など、それぞれ用途や目的に合わせた、明確なコンセプトを備えたものを選びましょう。価格的には割高となりがちですが、それ以上の満足度が得られることは間違いありません。

 

BEST 1
国内外問わずLTEでつながる

VAIO
VAIO S11 LTEモデル
実勢価格:19万2020円

Windows Hello対応の指紋センサー、HDMIなどを追加した軽量&コンパクトなモデル。LTEは24ものバンドに対応し、世界中どこでも使えるといっても過言ではない。店頭モデルはメモリが4GBと少ないので、直販サイトでメモリ8GB、CPUはCore i5にしての購入がオススメ(直販価格:21万6864円)。


USBのほか、HDMIもLANもアナログRGBもすべて通常サイズのコネクタ。LTE搭載も含め、何より使いやすさが重視されている。

 

BEST 2
パワフルな最新4コアCore i7搭載

ASUS
ZenBook 3 Deluxe UX3490UAR
実勢価格:24万8180円

ノート向けでは2コア4スレッドが最高だったCore iシリーズに、新たに4コア8スレッドのパワフルなCore i7-8550Uが登場。この高速CPUをいち早く搭載したモデルがこちら。14型で1.2kgという薄型軽量と高速性能を両立しているため、屋内外問わず使えるメインPCとして活躍してくれること間違いなし。

インターフェースはUSB Type-C×3で、うち2つがThunderboltに対応。充電から周辺機器接続まで、すべてType-Cで行える。

 

BEST 3
7型液晶でクラムシェルのこだわりPC

GPD
GPD Pocket
実勢価格:6万4584円

WUXGAの7型ディスプレイ搭載で、キーボード付きクラムシェル形状という稀有なコンパクトPC。CPUこそAtomだが、8GBのメモリと128GBのeMMCを備え、タブレットPCよりもリッチなスペックを実現している。持っているだけで自慢できる製品だ。

マグネシウム合金をボディに採用し、重量わずか500gを実現。どこにでも持っていける。

 

BEST 4

ロジクール
G903
実勢価格:2万2580円

充電式のワイヤレスマウスなのに約110gと超軽量で、ゲームに必須ともいえる、素早く正確な操作をしやすいのが特徴。さらに側面ボタンを左右2つずつ装備。不要なボタンを隠すことで誤操作を減らすといった物理的なカスタマイズまで可能だ。

電池切れを気にせず使える“POWERPL AY”によるワイヤレス充電にも対応。

 

BEST 5

Amazon
Fire HD 10
実勢価格:1万8980円(32GBモデル)

Amazonの電子書籍や動画サービスなどを快適に楽しめる、10型タブレット。WUXGAと高精細なので、大画面でも細部までしっかりとした画質でコンテンツが楽しめる。プライム会員限定だが、クーポンを使えば4000円引きとなるのも魅力的。

 

『デジモノステーション』2017年12月号より抜粋。