サンマの塩焼き、焼き芋、新米…。秋を美味しく食べるキッチン家電【秋の新定番50】

【各ジャンルのプロたちが語る秋の新定番50】

いよいよ物欲の秋来たる! と言うわけで今回は本誌の誇るライター陣が、それぞれの担当ジャンルで最新の「定番」を分析&解説します。これさえ押さえておけばベストバイ間違いなし、です!

美味しい食材が増える 秋こそ調理家電の本番!

秋は旬の食材がたくさん出てくる季節。例えば、サンマ。そしてサンマと言えば塩焼きです。焼き魚は煙や匂いが出やすいだけに調理する家電が重要となります。第1位に選んだ『グラファイトグリラー』や、第3位の『けむらん亭』は焼き魚を手軽に、美味しく調理できる家電として特に強くおすすめしたいと思います。

第2位の『焼き芋メーカー』もまさに秋の味。しかも、プレートを付け替えることで、ホットサンドなども作れるので、秋以外のシーズンにも楽しめます。

なお、今回選んだキッチン家電の順位はあくまで便宜上のもの。順位は参考程度に、自分が美味しく食べたい食材やメニューにあったものを選んでください。

 

BEST 1
匂いや煙が出ないのに香ばしく焼ける

アラジン
グラファイトグリラー
実勢価格:3万4560円

脂の乗った秋刀魚や各種グリルを美味しく、手軽に調理できる家電としてこの秋見逃せないのが『グラファイトグリラー』だ。上部に設置された遠赤グラファイトで素早く加熱するため、カリッと香ばしく焼ける。しかも、熱源が上にあるため、煙や匂いが発生しません。秋の味覚を楽しむのに最適な一台だ。

脂たっぷりの牛肉を焼いていても煙たくならない。本体は大きめですが、コンパクトに収納できるので邪魔にならない。

 

BEST 2
ゆっくり焼くからほこほこに仕上がる

ドウシシャ
焼き芋メーカー Bake Free
WFS-100(BK)/SFW-100(BK)

実勢価格:9590円

この秋の変わりダネとして紹介したいのがこの製品。本体内に芋を2本セットして、ヒーターのスイッチを入れるだけで香ばしい焼き芋ができるという仕組み。さつまいも以外にも、トウモロコシなども加熱できる。秋の夜長、食材が美味しく焼き上がるのをゆっくり待つのも風流かも?

ほっこりした食感でしっかりと甘みを引き出した焼き芋ができる。おやつにピッタリ。

 

BEST 3
ヘルシーな焼き魚や燻製が楽しめる

パナソニック
けむらん亭 NF-RT1000
実勢価格:2万1780円

最近は健康を考えて、魚や鶏肉を中心に食べることを考えている。では魚を手軽に、美味しく焼くには、と考えた時に候補になるのが魚焼きグリラー。『けむらん亭』はグリル専用機だからこそ、香ばしく美味しく焼くことができ、さらに燻製を作る機能も搭載。家飲みのおつまみも手作りで楽しめる。

専用の燻製容器を使うことで、簡単に温燻ができる。臭いもほとんど漏れないので集合住宅でも使用可能だ。

 

BEST 4

レコルト
ポット デュオ フェット
実勢価格:8640円

「煮る、炊く、蒸す、揚げる、焼く」など5つの調理法が簡単にできるのが電気鍋の魅力。ホーロー鍋のようなデザインで、卓上で料理しながら食べるスタイルが楽しめる。セラミックボウルと、グリルプレート、蒸しアミ、揚げものカバーが同梱されており、用途によって使い分けできる。ホームパーティにも最適だ。

 

BEST 5

タイガー
RSF-A100
実勢価格:2万1610円

秋の楽しみの1つといえば美味しい新米。それをもっと美味しく食べられるようにしてくれるのが精米器。精米したてのごはんや、栄養を残した分づき米も作れ、さらに玄米に傷を入れて柔らかく炊けるようにする、なんてことも可能だ。

 

『デジモノステーション』2017年12月号より抜粋。