石井和美の家電やりすぎ比較レビュー ドラム式洗濯乾燥機 4モデル 【No.2】パナソニック/ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX900AL

今回比較するジャンルはこちら

ドラム式洗濯乾燥機 4モデル

洗いから乾燥まで全自動で対応し、家事の時短に役立つ「ドラム式洗濯乾燥機」。洗濯物を外に干す手間を省くことができるので、共働き世帯にも人気だ。少ない水でたたき洗いをするので、汚れ落ちがいまひとつといった声も数年前までは多かったが、最近最新モデルはそういった弱点を克服し、乾燥時間も大幅に短縮されている。そこで今回は各社の最新モデルをお借りし、実際に洗濯から乾燥まで行った。

こんな厳しいテストをしました!

POINT 1 汚れ落ち

  • 醤油、ソース、ケチャップ、焼肉のタレ、口紅、ボールペンで汚したTシャツを2日ほど天日干しを行い、乾いた状態で洗濯を行った。/li>

POINT 2 操作性

  • 操作部の使いやすさをチェック。最新モデルは多機能でコースも色々あり、操作で迷うこともある。わかりやすいかどうかをチェック。

POINT 3 乾燥状態

  • 新品のバスタオル2枚、子供の服、綿シャツなどを洗い、そのまま乾燥まで行った。おまかせコースで運転し、タオルの状態や衣服の乾き具合を確認。

POINT 4 乾燥後のシワ

  • 紳士用の長袖シャツのシワをチェックした。アイロンがけをしない状態でそのまま着られるのが理想だ。特にシワがよりやすい腕まわりがポイント。

POINT 5 設置性

  • ハイエンドのドラム式洗濯機は本体もかなり大きめ。縦型洗濯機と違い、扉も手前に開けるので、場所をとる。設置場所のスペースも含めて実際に確認した。

POINT 6 お手入れ

  • 毎回掃除しなければならない面倒な乾燥フィルターの掃除方法をチェック。最新モデルは簡単にお手入れができる。各社の違いを確認し、評価する。

MODEL 2
パナソニック
ななめドラム洗濯乾燥機
NA-VX900AL

実勢価格:41万5800円

タオルがふわふわ!

洗濯容量11kg、乾燥容量6kgの最新モデル。泡洗浄Wで繊維の奥もきれいに洗える。大水流シャワーで頑固な汚れも落とす「パワフル滝(洗い・すすぎ)」コースやふんわり乾かす「タオル専用」コースも追加。ナノイーXによる除菌・消臭や温水洗浄、液体洗剤や柔軟剤の自動投入も可能で、スマートフォン操作にも対応。

SPEC

容量 洗濯・脱水11.0kg/乾燥6.0kg
総外形寸法 幅639㎜×奥行722㎜×高さ1058㎜
質量 約79kg
乾燥方式 ヒートポンプ
消費電力量 68Wh(洗濯)/890Wh(洗濯乾燥時)・おまかせコース
液体洗剤・柔軟剤 自動投入 あり
自動投入タンク容量 洗剤 約870mL/柔軟剤 約580mL
IoT機能 あり

 

01 汚れ落ち

まんべんなくシミは落ちており、特に焼肉のタレはほぼ見えない程度まで落ちていた。口紅と油性ボールペンは色が薄くなっている。

02 操作性

タッチパネルは明るく見やすいが、「戻る」ボタンが別なのは不便だった。タッチパネル内のタブなどを直接タッチして戻れるようにしてほしい。

03 乾燥状態

カラカラになりすぎず、ちょうどよい肌触りに仕上がる。特に驚いたのはタオル類。通常モードでもパイルが立ち、ふっくらとしていた。

04 乾燥後のシワ

Tシャツ、子どものズボンなどはそれほどシワが目立たなかったが、大人のシャツ類は襟元と袖にシワが多く、アイロンがけが必要。

05 設置性

洗濯・脱水が11kg、脱水が6kgという容量の中では、標準的なサイズ。扉のフチや操作部の濃いカラーが目立ち、本体が大きく見える。

06 お手入れ

乾燥フィルターはツルツルしたメッシュを採用している。ティッシュでこするとポロッと簡単に落ちるが、そのまま落とせるようにしてほしい。

Result

 

タオル類の「ふんわり」はダントツ
上質な暮らしをしたい方にぴったり

洗濯中、槽が頻繁に止まって方向を変え、めまぐるしく動き、洗濯物をまんべんなく移動させて洗っている。たたき洗い、こすり洗いなどがしっかりできているので、靴下などの泥汚れがキレイに落ちた。ただ、振動が大きく、ガタガタする音が気になった。新モデルからは、黄ばんだおしゃれ着を、約7時間かけてつけおき洗いができる。また、他社にはない「タオル専用」コースが新たに搭載された。肌触りのよいふっくらやさしい感触に仕上がるコースとなるが、通常のコースでもタオルのパイルは立ち、肌触りはとてもよい。

profile:家電プロレビュアー 石井和美

守谷市にレビュー用の家「家電ラボ」をオープン。白物家電を日々レビューし、メディアやブログで公開している。家電blog管理人。