みじん切りが簡単にできる『マルチチョッパー』!チョップドサラダで野菜不足を解消【スゴい調理家電】

【男が思わず使いたくなるスゴい調理家電。】

料理が苦手という男性でも、最新の調理家電があれば大丈夫。食材の切り方から下ごしらえ、火加減など、料理の基本がわからなくても家電がやってくれます。シンプルなメニューだけでなく、煮物や無水調理といった、コツがいる料理まで、プロ並みの仕上がりに。レシピを見れば、特別な食材は必要なく、よくある食材で作れることがわかります。男らしい料理から、ヘルシーで繊細な料理もできる、スゴい最新調理家電10製品を紹介します。

 

シャキッとみずみずしいチョップドサラダを簡単に

チョップドサラダは、ニューヨークで流行し、日本でも専門店ができて話題になりました。簡単で彩りが良く、細かくすることでたくさんの野菜を食べることができるため、ヘルシー志向な方が注目しています。また、スプーンですくってスマートに食べられることも支持されている理由の一つ。ただし、野菜は一般的なフードプロセッサーなどでカットすると、どうしても水っぽくなりがちです。

「マルチチョッパー」は、食材をカットするのに最適な低速の毎分約1500回転で、玉ねぎやゆで卵、ピーマン、モッツァレラチーズなどの崩れやすい食材も、ナッツやニンジンなどの固い食材も、均一の大きさに切ることができます。

フィリップス
マルチチョッパー HR2505/05
実勢価格:7170円

外部寸法:幅135×奥行135×高さ265mm、消費電力:500W、カップ容量:1.1L、付属品:チョップドロップ用ブレード、バスケット、フードプロセッサー用ブレード

作り方は簡単で、野菜を入れてカバーと本体をセットし、上から押すだけ。あっという間に細かく刻まれ、カップには野菜がどんどん溜まります。あとはシーザーサラダ用ドレッシングなど、お好みのドレッシングで味付けをするだけ。彩りも良く、シャキッとした食感も新鮮です。

チョップドサラダを食パンではさみ、ホットサンドにするのもおすすめ。野菜を無理なくたくさん食べることができ、おなかにも溜まります。

なお、チョップドサラダだけではなく、惣菜、前菜、ソース、リゾットなどの下ごしらえにも最適です。フードプロセッサーとしても使用可能。フードプロセッサーモード時は毎分約5000回転で、設置する刃(ブレード)により、速度を自動調整できます。ボタン操作などで変える必要はなく、手軽に使えます。

ワンプッシュで野菜をみじん切り

ワンプッシュで野菜類をみじん切りにできるチョッパー。特殊な形状のバスケットと、チョップドロップ用ブレード(毎分約1500回転)の組み合わせで、最適なサイズの食材がカップの中に落ちていく。

 

『デジモノステーション』2017年12月号より抜粋。