走りもガジェット感も楽しめる!ハイブリッドモデル『BMW 330e iPerformance Sport』に家族も自分も満足【納得の逸品】

【高いけど買って良かった納得の逸品】
総額1000万オーバーのオール私物掲載!購入者17名が本音で語ります。
世の中“安くていいモノ”の情報は氾濫していますが、人々が本当に欲しい情報って、実は“高いけど買ってよかったモノ”の情報では?なぜなら、高い買い物はやっぱり失敗できないじゃないですか?ここではなかなか高価で手が届かないと思われるモノを、実際に思い切って購入した人が、たしかに高かったけど結果的には納得できた! という理由とともに、そのモノについて熱く語ってもらいました。いやー、高いモノにはちゃんと理由があるんですね、やっぱり。

家族のため“だけ”ではありません。走りもガジェット感も楽しめます!

家族が安心できて、走りが楽しくて、カッコいいのは最低条件。スマホやアプリと繋がったり、最新EV的な世界も堪能したい。父親とデジタル男子が両方満足できる条件を並べた結果、BMWのPHV『330e』に辿り着きました。



BMW
BMW 330e iPerformance Sport
実勢価格:602万円

BMWの中核モデルであるスポーツ・セダン「BMW 3シリーズ」のプラグイン・ハイブリッド・モデル。新世代の直列4気筒エンジンと高出力電気モーターを搭載し、パワーと加速性能が大幅に向上。「MAX eDrive」モードで電気モーターのみでの走行の場合、最長で36.8kmまでゼロ・エミッション走行が可能。

元々派手なスポーツカーやオープンカーに乗っていた過去もあり、基本的にクルマの運転が大好き。でも、子供が生まれた後は父親として使い勝手優先のSUVを購入。確かにいいクルマでしたが、やっぱりドライバーとしては満足できず。

『330e』のスポーツ仕様は足回りもやや硬めで加速も鋭く、首都高速などのタイトなワインディングもパワフルかつスムーズに駆け抜けます。自宅に充電器も設置し、約4、5時間のフル充電で30㎞ほどの距離をバッテリーのみで走れるので、日々の街乗りではガソリンはほぼ使わなくなりました。さらにクルマ自体をアプリで管理できたり、目的地を設定してクルマに送信すれば、面倒なカーナビ設定もラクラクです。

価格は600万円オーバーと確かに贅沢品です。が、家族を安心して乗せられて、クルマ好きとして走りに満足でき、ガジェットのような機能性も楽しめますから、本当に買って納得のクルマですね。

自宅ガレージに200V電源を増設することで充電可能に。出先の充電スポットなども利用できる。専用アプリ「My BMW Remote」でiPhoneからクルマの電費などを確認したり、充電の状況などを把握できるのも便利だ。
滝田勝紀さん/モノ媒体で10年以上のシロモノ家電担当経験があり、「All About」の家電ガイドとしても活躍するフリーランス編集者。ITメディアの「滝田勝紀の白物家電スゴイ技術」ほか、連載を数多く持つ。

 

『デジモノステーション』2017年12月号より抜粋。