小室哲哉のインスタレーションプロジェクトも初公開! 『MUTEK.JP 2017』開催迫る

2017年11月3日から5日までの3日間、東京・お台場の日本科学未来館で『MUTEK.JP 2017』が開催される。そもそも『MUTEK』とは、カナダのモントリオールでスタートしたデジタルアートとエレクトロニック・ミュージックのフェスティバル。デジタル・クリエイティビティや電子音楽、オーディオ・デジタルアートの発展や普及、これらに関わる人材発掘や育成などを目的としたものだ。2000年に始まったこのフェスティバルは、その後、メキシコシティやバルセロナ、ブエノスアイレスなど世界中の都市に広がっていき、ついに2016年、日本にも上陸を果たした。

初開催となった2016年は、坂本龍一とともに映画『レヴェナント:蘇りし者』の音楽を担当したALVA NOTO主催の実験音響レーベルによるショウケースをはじめ、20組を超える国内外のミュージシャンやアーティストが、最新のテクノロジーを駆使したライブ・パフォーマンスを披露したが、2017年はスケールをさらに拡大。デジタルアートの展示やテクノロジーの披露、ライブ・エンタテインメントやワークショップなど盛りだくさんの内容が予定されており、この手のカルチャーが好きな人にとっては、かなり濃密なフェスになりそうだ。

その中でも注目すべきは、5日に行われる小室哲哉と慶應義塾大学教授・脇田 玲のオーディオビジュアル・インスタレーションプロジェクト「Tetsuya Komuro & Akira Wakita」のライブだろう。このプロジェクトは、2016年9月にオーストリアのメディアアートの祭典でライブを実施しており、日本では初公開となる。

また、日本のシンセサイザー音楽の第一人者である田 勲の楽曲と49個の球体によるインスタレーション「Clair de Lune-Sound Program Structures-」の展示や、クリエイター・水口哲也プロデュースによるアドベンチャーゲーム「Rez Infinite」をドームシアターに4K映像で投影し、その世界を100人で体感する実験イベント、さらにはVRを自由に楽しめるサロンを設置するなど、体感プログラムがとにかく充実している。

4日には、日本科学未来館だけではなく、渋谷のクラブWOMBでもコラボレーションイベントを実施。11月の3連休、最新のデジタルアートとエッジな音楽にどっぷりと浸ってみてはいかがだろう?

関連サイト

MUTEK.JP