11月20日~24日まで期間限定! 東京・原宿でアメックスの上級会員向け空港ラウンジサービスをいち早く体験してきた

アメックス(アメリカン・エキスプレス)のプラチナ・カードやセンチュリオン・カード。少しでもクレジットカードや海外旅行に興味を持ったことがある人にとっては、憧れのカードではないだろうか。

そんな上級会員のみ使用できる空港ラウンジ「センチュリオン・ラウンジ」の世界観を体験できるスペースが原宿・表参道に期間限定(11月20日~24日)でオープンした。その名は「東京離宮」。オープンに先駆けてお披露目イベントが開催されたので、その雰囲気をお届けしよう。

 

「東京離宮」は、原宿・神宮橋の交差点にある。JR「原宿駅」より徒歩2分の立地で、渋谷や表参道方面からもアクセスしやすい。

こちらが受付。プラチナ・カード、もしくはセンチュリオン・カードを提示すれば、同伴者も2名まで利用可能。

広々とした空間で、ゆったりとくつろげる。原宿や表参道の喧噪とは別世界だ。

バーカウンターでは各種カクテルやソフトドリンクが提供される。

カクテルは「センチュリオン・ラウンジ」で人気のメニューのほか、ミクソロジストと呼ばれるカクテル開発のプロが今回のために作ったオリジナルメニューも。フードやスイーツは、日本の秋をイメージしたものが用意される。もちろん、すべて無料。

ドリンクメニュー。

まずは一杯頂いてリラックスしようかな。

ラウンジの中央には、フラワーアーティストによる、秋をイメージしたオブジェが。床面は鏡面になっていて、湖に紅葉が映っているように見える。

日本の伝統と最新テクノロジーが融合した「デジタル茶室」も体験できる。

まずは和菓子をいただく。

本格的な茶道体験は、海外からのお客さんにも喜ばれそう。

美しい映像を見ている間にお茶が点てられる。所作が美しい。

お抹茶をこのような形でいただくのは、日本人でもなかなか機会が少ないのではないだろうか。

映像の浮遊感は、時に飛行機で空を飛んでいるような気持ちになった。

お披露目イベントでは、尺八奏者、辻本好美さんによるパフォーマンスも行われた。

 

「東京離宮」が開設された背景を、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル 広報室・ディレクター・佐藤克哉さんに尋ねた。

「昨年からプラチナ・カードが申し込み制に移行したこともあり、国内の上級会員様が増えてきました。上級会員のベネフィットのひとつが、センチュリオン・ラウンジへのアクセスですが、日本の空港にはないため、なかなか気軽にはご体験いただけません。そこで、国内の会員様にもご体験できるよう、東京離宮を開設致しました。渋谷や表参道エリアに近く、青山や代官山からも足を伸ばせる距離にあるため、お買い物の合間などに立ち寄っていただきたいですね」

すでに上級会員にはメールなどで案内されているとのこと。プラチナ・カードやセンチュリオン・カードのオーナーは、足を運んでみてはいかがだろうか。

現在「センチュリオン・ラウンジ」が設置されているのは、(米国)ラガーディア空港、マッカラン国際空港、ダラス・フォートワース国際空港、サンフランシスコ国際空港、マイアミ国際空港、シアトル・タコマ国際空港、ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港、フィラデルフィア国際空港、(香港)香港国際空港の9か所。今後、2019年から2020年にかけては、以下の空港にも開設予定。(米国)デンバー国際空港、ロサンゼルス国際空港、シャーロット・ダグラス国際空港、ジョン・F・ケネディ国際空港国際空港、フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港、(英国)ロンドン・ヒースロー空港。(写真はサンフランシスコ国際空港)

空港ラウンジのビジネスマンのように、もちろんパソコン仕事をする空間としても最高。日本の空港にも「センチュリオン・ラウンジ」ができないかなと、自分は上級会員でもないのに期待してしまった(笑)。

DATA
開催日時:2019年11月20日(水)~ 11月24日(日) 12:00~20:00(L. O. 19:30)
場所: 東京都渋谷区神宮前6丁目35-6「jing」
対象カード:センチュリオン・カード、プラチナ・カード、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・コーポレート・カード