デジモノステーション 家電アワード2019 – 阿部夏子 SELECTION

  • iRobot
    Roomba i7+

    iRobot/ルンバi7+
    実勢価格:14万2860円
    メーカー公式ページ

    最大10フロア分の間取り図を作成し、ルンバ自身が正確な位置情報を把握しながら家中を効率的に掃除。特定の部屋のみ掃除したり、曜日や時間ごとに掃除する範囲を自在に選べる。クリーンベースがダスト容器内のゴミを自動で収集するため、ゴミ捨ての手間を大幅に軽減。

ルンバユーザーの私が
長年夢見ていたことが実現しました

10年近く前から愛用しているルンバはもはや家電というより相棒的な存在です。ルンバがいてくれるおかげで、我が家の掃除がなんとか成り立っていると言っても過言ではありません……。新モデルが出るたびに使わせてもらっていますが、『ルンバi7+』は正直今までのルンバとは別格!ここ数年で一番衝撃的な家電でした。長年ルンバを使っていて一番の不満点は何と言っても「ゴミ捨て問題」でした。最先端の頭脳が入っているはずのお掃除ロボットなのに、ゴミ捨てやお手入れはなんともアナログで、フィルターのお掃除だってマメにしなければなりませんでした。昼間は働いていて、家を空ける時間が長い我が家にとって、ルンバはまさにベストフィットな家電なのに、お手入れだけはどうにかして欲しいとずっと思っていました。『ルンバi7+』はその不満が全て解消されたまさにパーフェクトな家電です。ルンバでお掃除して吸い取ったゴミは、掃除後毎回、クリーンベースの大きな紙パック内に取り込まれます。そのため、ルンバ本体のゴミ捨ては必要ありません。紙パック内にはダスト容器約30杯分のゴミが収納されます。ゴミ捨て頻度は使い方にもよりますが、週5回使っている我が家の場合は、3ヶ月に1回。小さな子供がいて、室内で犬を飼っている我が家でもこの程度なので、大人だけで生活している汚れが少ないお家なら、半年くらいはいけるかもしれないです…! お手入れといっても、紙パックを取り替えるだけなので、これまでとは比べものにならないくらい楽!


  • パナソニック
    ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0B

    実勢価格:2万6900円

    独自の微粒子イオン「ナノイー」が髪にうるおいとなめらかさを与えるとして人気のドライヤー。2019年9月に発売した本製品は、水分発生量が従来比18倍に増加し、毛髪水分増加量1.9倍を実現した。髪だけでなくお肌にうるおいを与える「スキンモード」も搭載。

2位はパナソニックの『ナノケア』です。今年ナノイーデバイスを改良した人気製品ですが、選んだ理由は期待を裏切らない進化を感じられたから。正直、従来モデルに対してなんの不満もありませんでした。普通のドライヤーと比べて明らかに仕上がりが違うし、これを使わないと翌朝のセットがめちゃくちゃ大変になるので、手放せなかった。でも新モデルはもっとすごかったんです!今までヘアドライの前に使っていたオイルが不要だと感じるくらいしっとりとまとまる。すごい製品を超える、もっとすごいドライヤーです。個人差もあるので機能を説明するのが難しいですが、正直に告白するとこのドライヤーを使い始めてから朝のヘアセットは全くしてません。


  • BRAUN
    オーラルB
    ジーニアスX

    実勢価格:3万8280円

    丸型ブラシで歯の1本1本を包み込んで高速回転し、手磨きに比べて99.7%アップの歯垢除去力を実現する電動歯ブラシ。さらに「人工知能ブラッシング認知機能」が磨き方を検知し、スマホアプリからリアルタイムにガイドすることで、よりよいオーラルケアに導く。

3位の電動歯ブラシはテクノロジーの進化を正しく実感できた製品です。Bluetoothで歯ブラシとスマホとアプリを連動させて、正しく磨けているかチェックする…正直、最初は「絶対そんなのやらない」と思っていました。でも、初めてやったときに、アプリにめちゃくちゃダメ出しされてしまい、意地になって使い続けています。今までいかに適当に歯を磨いてきたのか思い知らされた気分です。くるくると回転するブラシは手磨きの歯ブラシとは動きが全く違うので、最初は少しびっくりしましたが、口の中のスッキリ感が段違い。特に奥歯磨きにはこの形がベストなんじゃないかと思います。


  • Coleman
    クアッドマルチパネルランタン

    実勢価格:9310円

    最大約800ルーメン(アルカリ単一乾電池 8本使用時)の明るいLEDランタン。発光パネルはマグネット付きで4分割でき、手元や足元、全体など明かりが欲しい場所に自由に設置できる。 USBポート付きで携帯電話やラジオの充電にも使え、アウトドアや災害時に活躍する。

4位のコールマン『クアッドマルチパネルランタン』は、今年キャンプデビューした我が家で大活躍したランタンです。4面で光るLEDライトは取り外し可能で、それぞれ持ち運ぶことが可能。4つの懐中電灯にもなるんです。テントから離れたトイレに向かうときなど大活躍でした。明るさも十分で、スマホの充電にも対応します。アウトドアはもちろん、停電や災害時など、もしもの時に備えておきたい1台です。


  • バルミューダ
    GreenFan C2

    実勢価格:2万4860円

    特許技術の二重構造の羽根と独自のダクトファン構造により、弱モードなら直接あたっても体を冷やしすぎない。部屋の空気を強力に動かす風を送る。空気の吸い込み口には活性炭脱臭フィルターを搭載。別売りのBattery&Dock をつけるとコードレスサーキュレーターとしても活躍する。

5位のバルミューダのファンは、比較的涼しかった今年の夏にぴったりでした。LDKスタイルのマンションの場合、リビング、キッチン、ダイニングを1台のエアコンで冷やすことになるのですが、冷風が届かない場所と、逆に冷えすぎてしまう場所が出てきてしまいます。『GreenFan C2』を使うことで冷やしすぎを解消し、快適な夏を過ごすことができました。床置きの扇風機よりもコンパクトで、持ち運びしやすいサーキュレーターは、フレキシブルに場所を変えられるのが便利。キッチンのカウンターの上やキャビネットの上、お昼寝するときは寝室など、いろいろな場所で使えます。特に、キッチン周りに置くなら活性炭脱臭フィルターを搭載したモデルがおすすめ。嫌なにおいが残らず、フレッシュな風を感じられます。

 

  • 阿部 夏子
    BuzzFeed編集部

    家電記者歴10年以上。家電専門媒体の編集長を経て、現在はBuzzFeed Japanにて勤務。毎日様々なメーカーの家電を取材する。3歳の息子がいる共働きママで、モットーは家電にできることは全て家電にやってもらうこと。