かさばるケーブルやACアダプターを最小形態にパッキング「_go」

さっくり&ふんわり。アンビバレンツな食感に、大豆のウマさと油のコクがぎっしりと凝縮している新潟県・栃尾のあぶらげ。マツコ・デラックスさんも絶賛したご当地グルメとして有名です。

200年以上の歴史を持つという栃尾のあぶらげですが、その栃尾の地は繊維産地としても長い歴史をもち、近年はニット生地の開発・生産にチカラを入れているとのこと。

そうして生まれたのが、現在Makuakeでクラウドファンディング中のパッキングニット「_go」(アンドゴー)です。

Image: Makuake

縫い目のないホールガーメント製法で作られたポリエステルのニットを使い、小物を無駄なくコンパクトに覆ってくれるのが特徴。360度、どの方向にもぐーっと伸ばせるから、包み込むモノの形にピッタリとフィットするんです。

Image: Makuake

バリエーションは何本かのケーブルをまとめるのにベストなcircle(円形)、ケーブル+ACアダプタを包むのにピッタリなoval(長円形)、ケーブル+モバイルバッテリーに合わせたいsquare(長方形)の3つ。1つ10g前後と極めて軽く、汚れたら洗濯機で洗えるのもポイントです。

そして面白いのが、このクラウドファンディングは商品をもらえるだけではなく、「大きいヘッドホンを包めるものがほしい」「お泊りセットにピッタリサイズだといいな」といったように、_goの新製品開発に意見できるコミュニティへの参加権もついてくるということ。あなたの一言が、たくさんのいいねを集めて商品化するかもしれないんですね。

またあなたの描いたスケッチを試作品として生産するサービスも提供予定とのこと。これは_go単体を購入するよりも、ワクワクするじゃないですか!

支援額は4600円から。ガジェット類を持ち歩くことが多く、バッグのなかでごちゃごちゃしてしまうことにお悩みの方はいかがでしょうか。

Makuake