日産GT-Rニスモ、日本車初の公式レゴ化で2020年1月発売!

みなさま。ニュースです。


子供たちの知育玩具として世界中に多くのファンをかかげているレゴブロックが日産とタッグ。なんと日本車初の公式レゴ商品「日産 GT-R ニスモ 76896」が発売されるのです。お手軽プライスで、レゴに慣れていない人でも1時間くらいで組み立てられるレゴスピードチャンピオンシリーズの1台として登場するのです!

手のひらサイズとなるため、解像度的にGT-R ニスモの雰囲気をどれだけ再現できるのか気になるところでしょう。

そこでまずは、日本が誇るエキゾチックスポーツカー、GT-R ニスモ 2020年モデルをご覧ください。覚えましたか?

続いて日産 GT-R ニスモ 76896をご覧ください。Vモーショングリル、フェンダー上のカーボンダクト、LEDポジションランプなどはデカール処理となっていますが、これはなかなか似てるんじゃなかろうか!

そしてGT-Rのアイコニックなポイントといえば、4連の丸テールランプがありますよね。

どうですかこの雰囲気アリのエクステリアは! マッシブでおっきなテールと、赤く輝く丸テールライトがしっかりと再現されているじゃないですか!

風を切り裂くような赤黒のグラフィックや大きなウイングは、2016年にUAE・フジャイラ国際空港で時速304.96kmでのドリフトをキメたワールドレコードチャレンジモデルのもの。そこに、GT-R ニスモ 2020年モデルの意匠も含まれた、ハイブリッドな作りとなっています。もともと、この世界最高速度リフトの動画を見たレゴ・ブロックが「日本車もいいね!」となったとのことなので、ドリフト仕様であることは外せなかったのでしょうね。

レゴといえばミニフィグ(フィギュア)の存在も忘れてはいけません。車内を見ると、赤いフルフェイスヘルメットをかぶったミニフィグがいますよね。

実はnismoのレーシングスーツを身にまとったミニフィグなのです。これはレア。レアすぎる。

ピースの数は298個。従来のレゴスピードチャンピオンシリーズ(6スタッド)より少し大きいサイズ(8スタッド)となりました。気になるお値段はオープンプライスですが、他のモデルと同価格帯となるなら2000~3000円で買えそうです。

レゴの企画商品は期間限定品的なところがあります。この日産 GT-R ニスモ 76896も、もしかしたら2020年以降は手に入らないかもしれない。日産好き、GT-R好きなら見つけたら即買い必至ですね!

レゴジャパン
日産自動車株式会社プレスリリース(グローバル)