ガルウイング化されたワーゲンバス!しかも「BTTF」タイムマシン仕様のやりすぎカスタム

この佇まい、只者ではない。米テネシー州ナッシュビルの「Velocity Motorcars」は、ワーゲンバスの愛称で知られる『フォルクスワーゲン・タイプ2』の美麗なカスタム車を公開している。

なんと言っても、まず目を惹くのは跳ね上げ式のガルウイング・ドア。これだけでも十分すぎるインパクトがあるのだが、このガルウイングとガングレーのカラーリング、実は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアン・タイムマシンを意識したものなのだそう。

その証拠が、ダッシュボード上に設置された次元転移装置(フラックス・キャパシター)。ベース車こそ違えど、ドクが作ったタイムマシンという設定でカスタムされた一台であろうことは想像に難くない。

カスタム要素を抜きにしても、1967年製の車両とは思えないほどに美しくレストアされた車両はお見事。内装もイエローとオレンジを基調として個性的なインテリアに仕上げられている。実際、ガルウイングを開いていない状態で観察していると、センス良くまとめられたレストア旧車にしか見えないほどだ。

ちなみに販売価格は8万9995ドル。日本円にするとおよそ1026万円ほどといったところだが、この仕上がりを見ると納得できるような、やっぱりちょっと高すぎるような。でも、この金額を出してでも欲しいという「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ファンも世界のどこかにはいるのかもしれない。

関連サイト

1967 Volkswagen Bus/Vanagon for sale in Nashville