奇抜だけど居心地は良好!?大自然のド真ん中に出現した“三角形すぎる”コテージ

長期の休みが取れたら、大自然に囲まれてゆっくりと過ごしてみたい。アメリカのカリフォルニア州ヨセミテで運営されている宿泊施設『The Red a Frame』は、鋭い三角形状が特徴のコテージだ。軒下にはウッドデッキが設置され、緑豊かな自然を存分に体感できそうである。ヨセミテと言われてもあまり馴染みがないかもしれないが、Macのオペレーティングシステム「OS X Yosemite」で壁紙に採用された場所と言えば、なんとなく想像がつく人もいるのでは?

入って驚きの広々とした屋内

外観からは内部が狭そうにも思えるかもしれないが、そんな心配は無用だ。広々としたリビング、そしてそこにある螺旋階段を上った先にはロフトが2つも用意される。ロフトにはクィーンサイズのベッドがそれぞれ置かれており、最大4人まで宿泊できるそうだ。

もちろん、トイレやキッチンなども完備する。キッチンには4口コンロやオーブンが備え付けられ、本格的な料理も楽しめるだろう。また屋内では衛星通信によるインターネットの利用もできるとのこと。

大自然に囲まれてゆっくりと過ごせそう

残念ながら冬季は営業していないようだが、こちらの『The Red a Frame』は最低3晩からオンラインで予約が可能となっている。1晩あたりの宿泊料金は2人で275ドル(約3万2000円)。1人あたり50ドルの追加で最大4名まで宿泊できるほか、25ドルの追加でペットの連れ込みもOKだそう。意外と良心的な価格設定も魅力である。

関連サイト

The Red a Frame