飲み物を置くと妖しく光る!?「ぎょっ」とするデザインの『放射性元素コースター』

うっすらと明るく光るコースターに描かれているのは、ラジウム、プルトニウム、ウラン、トリウムといった元素記号とその原子番号。これらは、化学の知識に明るい人であればピンとくるであろう、放射性元素をモチーフにしたコースター『Radioactive Elements Glowing Coaster Set』という製品だ。マニアックなグッズを集めた海外通販サイト「ThinkGeek」が手掛けるもので、4枚セット19.99ドル(2300円弱)にて販売されている。

『Radioactive Elements Glowing Coaster Set』は、コースターの表面が感圧式になっていて、グラスやマグカップを置くとライトが点灯する仕組み。もちろん、手で触れて発光させることも可能だ。それぞれラジウムが赤、プルトニウムは青、ウランでは緑、そしてトリウムだとオレンジ色の光を発する。

コースターの材質はプラスチック。当然ながら本物の放射性元素が使われているわけではないので、その点については安心していいだろう。とはいえ内部はCR2032ボタン電池をはじめ電子部品が入っていることもあり、くれぐれも食洗機には入れないよう注意したいところ。なお、電池持ちは連続使用で4.5時間ほどと、ちょっと短めかな?

今年のハロウィンには間に合わなかったが、もし気心の知れた化学好きの友人がいるなら、クリスマス・プレゼントや年末のパーティーでの演出に取り入れることで「ニヤリ」とさせることができるかもしれない。「ThinkGeek」は日本への商品発送に対応してくれるし、調べてみたところ日本のAmazonでも販売されているようだ。

関連サイト

Radioactive Elements Glowing Coaster Set(ThinkGeek)