360度サウンドを実現!Googleアシスタント搭載のスマートスピーカー『LF-S50G』がソニーから発売

ソニーとしては初となるGoogleアシスタント搭載スマートスピーカー『LF-S50G』が2017年12月9日に発売される。本体カラーはブラック、ホワイト、ブルーの3色。実勢価格は2万6870(税込)だ。

『LF-S50G』でできることは、音声コマンドを介した天気予報やニュースの読み上げ、カレンダーの確認など、Googleから発売されている『Google Home』と基本的に同じ。ここでは『LF-S50G』ならではの特長を紹介していこう。

『LF-S50G』では、水平360°に広がるサラウンドシステムが採用されているのが大きな特長。ソニーのスピーカーでは初の「対向配置2ウェイスピーカーシステム」を搭載し、ボーカル帯域を鳴らすフルレンジスピーカーを上向き、低域を鳴らす大振幅サブウーファーを下向きに配置したことで、どこの場所で聴いても音が変わらない仕組みを実現したという。加えて、対向配置されたスピーカーユニットから発生した音を効果的に全方向に放射させる「2ステージディフューザー」を装備。これにより部屋のすみずみまで音を立体的に放射してくれるそうだ。

BluetoothとNFCに対応するので、スマホなどと連携させてワイヤレススピーカーとして使えるのもポイントと言える。

そのほか、ならではの特徴として挙げられるのは、本体に触れることなく操作が可能な「ジェスチャーコントロール」や、本体に時計表示を備える点。また、周囲の騒音の大きさに合わせ、再生中のコンテンツを聴き取りやすい音量に自動調節してくれる「おまかせ音量」機能などにも、今後ソフトウェアアップデートで対応予定とのことだ。

関連サイト

『LF-S50G』(SONY)