3COINSのポータブル&コードレス加湿器が、スリコ価格じゃないけどスグレものという話

冬は、クリスマスや年末年始のイベントなど楽しいこともたくさんある季節だ。同時に困りごとも増えるシーズンでもある。

その1つが空気の乾燥。肌がカサカサするだけではなく、喉や鼻の潤いが不足がちで粘膜の免疫機能が低下し、風邪を引きやすくなってしまう。冬に大事なイベントが目白押しのパパとしてはぜひ風邪の予防に努めたいものである。

そこで加湿器が重要となるのだが…。自宅はまあ大丈夫だろう。部屋のサイズに応じて必要十分な加湿器をチョイスすればよいのだから。

問題は「勤務先や外出先での加湿」だ。

オフィス、あるいは出張先のホテルなど、いったん家から離れると、好ましい湿度と離れ離れになるケースがある。

そして、これはあくまで個人の感想だが、「不特定多数の人が使い回している加湿器」や「空気清浄機」というのが苦手なのだ。

そこで、ポータブル式の加湿器の出番となる。

今回は便利で安い雑貨を販売している雑貨店「3COINS(以下スリコ) 」が発売した、充電式のポータブル加湿器を紹介したい。

価格はスリコ価格の300円ではなく、1,500円とかなり高額だ。しかしこのポータブル加湿器を約10日間使用してみたところ機能が十分。頼れる存在ということがわかった。

テレビの情報番組で紹介されているし、かなりの人気アイテムとなってきているようなので、もし気になったらすぐゲットすることをおすすめする。

セットアップも簡単!

まず、付属のUSB Type-A to Micro USBケーブルで本体を充電しておこう。USB充電器自体は付属しないので、別途用意する必要はある点に注意。とはいえPCのUSBポートや、モバイルバッテリーに接続すれば充電できるので、特に問題ないと思われる。

本製品の加湿方式は超音波式だ。本体下部のカップの部分に水を入れ、スポンジの棒を通じて頭頂部に水分を引き上げ、超音波の力で霧状にして噴霧するという仕組みだ。

頭部を反時計回りにひねるとカップ部分が露出するので、そこに水道水を注入する。最大容量は約250ml。「MAX」というラインが見えるので、そこまで水を入れよう。

注意点として、初めて加湿を開始するときには、 スポンジの棒を一度取り出して水で濡しておかないと加湿が始まらないので注意。

正面にある電源ボタンを2回連続してタップすると加湿が始まる。

オフィスで使ってみた

まず、一番正面の電源スイッチを2回連続でタップすると加湿が始まる。これが結構勢いが良く、視認した範囲では30cmくらいの高さに霧が立ち上っていた。

ここで、実際に会社で①本体内蔵バッテリーのみでの連続動作時間と、②朝250mlの水を入れてUSB充電器に接続して動作させた場合の連続加湿時間の2つのデータを計測してみた。

①バッテリーのみの動作時間 2時間10分
②250ml給水時の連続加湿時間 8時間12分

①に関しては、内蔵バッテリーが400mhAという小容量の場合か、約2時間でバッテリー切れを起こしてしまった。10,000mhAくらいのモバイルバッテリーで適宜充電するといった使いこなしがポイントになる。

意外だったのは②だ。朝にMAXラインまで水を注入してしまえば、勤務時間中、あるいは寝るときに枕元にセットしておけば朝起きるまで、しっかり加湿できるのが素晴らしい。

部屋全体を加湿するような目的には使用できないが、ピンポイントに、必要な場所を必要なだけ加湿できる本製品は、かなりのスグレモノだ。もしスリコの店頭で見かけたらぜひ手にとって見てほしい。

3COINS