ワオ!米国の定番、あの「黄色いスクールバス」が電気自動車化されるぞ

ダイムラー傘下のトーマスバス製造(Thomas Built Buses)は、米国初の量産型EVスクールバスである『Saf-T-Liner C2 Electric Bus』の導入を開始する。このバスには電力量の単位ジュールにちなんだ「Jouley」という愛称がつけられ、2019年から運用がスタートされる予定だという。

現在スクールバスとして使われている従来型の車両と同等の性能を持つとアナウンスされている「Jouley」は、最大81名の乗客を乗せられ、160kWhのバッテリーによって最大160kmの距離を走行できる。このバッテリーの充電所要時間は平均8時間、EV用として標準的な「J1772」チャージャーがそのまま使えるとのことだ。オプションの追加バッテリーパックによって走行可能距離の延長も可能とされている点は、国土の広い米国の事情を反映したものだろうか。

毎日運行され、子どもたちを乗せて走るスクールバスの電気自動車化は、排出ガス、騒音、化石燃料の消費がないことはもとより、運転コストの節約という意味でも重要であるとダイムラーは説明する。これと共に、同社全体としても今後はEVを重視していく姿勢だ。21世紀に入ってそろそろ20年、ついに“EVスクールバスで通学する世代”の子どもたちが出現することになりそうである。

関連サイト

Saf-T-Liner C2 Jouley(Thomas Built Buses)
An icon goes electric: Daimler introduces its first all-electric school bus in the US(Daimler Global Media Site)