これで安眠が約束される!? Boseのハイテク耳栓がクラウドファンディングで人気沸騰

オーディオ機器メーカーのBoseは、クラウドファンディングサイトのIndiegogoにて、同社の音響技術を活用したノイズマスキング耳栓『Bose noise-masking sleepbuds』のプロジェクトを実施し、注目を集めている。本稿執筆時点(2017年11月14日)で、すでに資金調達目標金額の8倍以上となる支援が行われるほどなのだ。

安眠の秘訣はノイズマスキング

形状的には同社の完全無線イヤホン『SoundSport Free』にも似た『Bose noise-masking sleepbuds』。あくまで耳栓ということなので音楽を再生することはできないが、いびきや近所の騒音などのノイズをマスキングし、装着者を安眠へといざなってくれるのだという。

『Bose noise-masking sleepbuds』の利用可能時間は、フル充電状態で2晩ほど。毎朝の起床後に充電する習慣が身につけば、毎日安心して利用できるであろう。また、付属の充電ケースで1回分のフル充電が可能だ。

スマホアプリで好みの環境音をチョイス

本体にはフラッシュメモリが搭載されており、安眠をサポートする複数の環境音があらかじめプリセットされている。この環境音は、アプリで音量および再生時間が設定でき、設定した時間に目覚ましアラームを鳴らすことも可能なんだそう。

多くの支援者が期待を寄せるプロジェクト

『Bose noise-masking sleepbuds』は販売数量を限定したクラウドファンディング・プロジェクトとして公開されたが、すでに全ての支援コースが売約済みとなるほどの人気ぶり。売り切れてしまったプランを見たところ、支援タイミングさえ早ければ150ドル(約1万7000円)で入手可能だったようだ。

Bose製品のノイズキャンセリング技術は市場から高い評価を得ていることもあり、寝不足に悩まされる消費者にとっては実に気になるプロダクト。ぜひ一般販売に向けて開発を進めて欲しいものである。

関連サイト

Bose noise-masking sleepbuds(Indiegogo)