金属ボディに反射する大自然の景色。幻想の世界に誘う美麗キャンピングトレーラー

米カリフォルニア州サンタバーバラに拠点を置くAn LV Ambassadorは、かなりのインパクトがあるキャンピングトレーラー『Living Vehicle』を販売している。なんと言ってもその特徴は眩しいほどのメタリックな外装だろう。本体シェルとフレームのどちらにもアルミ素材を採用したことで、鏡のように周りの風景を反射するボディを実現したという。大自然の絶景を反射しながら佇む様子には、幻想の世界のような非現実感すら感じさせられる。

もちろん『Living Vehicle』にはキャンピングカーとしての工夫が随所に見られる。例えば外装では、ドアや窓、天窓などを数多く設置。これにより多くの日光が車内の空間へ取り込めるというわけだ。

内装は落ち着いたモダン風

ピカピカの外装とは打って変わって、内装は意外にもシンプルかつ清潔感のある装いだ。居室は、キッチンとテーブル付きのリビング・ダイニング、シャワーとトイレ、そしてダブルサイズ以上にも見える大きなベッドを備えた寝室などで構成され、最大で6人が滞在できるスペースを確保しているのだそう。

水回りの設備も充実しており、シャワールームの設えはまるでモダンなホテルのよう。外見からは想像も付かないような高級感である。そんな『Living Vehicle』の車両価格は12万9995ドル(約1500万円)からと、なかなかの高額設定だ。ただ、仮に現時点で注文したとしても、納車は2018年の春になる模様。ちなみに公式サイトでの購入手続きは日本からでも進めることができたが、配送の可否も含めて事前にコンタクトを取っておくのが得策だろう。

関連サイト

Living Vehicle