木目調ディスプレイってアリかも。インテリアに溶け込む情報機器『mui』に期待高まる

まるで切り出した一片の木材のような『mui』。一見すると長押(なげし)やハンガー掛けといった調度品のように思えるかもしれないが、木目の表面を透かしてメッセージや天気などの情報を表示し、ユーザーの生活をより便利にしてくれるデジタル情報機器である。


『mui』には白色のドット式ディスプレイが埋め込まれており、さまざまなイラストや文字などが表示できる。タッチパネルを備えるので指による操作も可能だ。ディスプレイには、メッセージや部屋の調光、温度調節、天気情報、時計、ボイスメールなどを表示、あるいは操作できる。

このほか、人感センサーとCO2センサーを備えているのも特徴と言えるだろう。その利用用途は説明されていないものの、人が近づいた時にディスプレイを点灯させる、などの機能が想定できそうだ。また将来的には他の機器との連携や、マイクやスピーカーを利用した音声認識機能なども視野に入れて開発が進められているのだそう。

『mui』はサイズがW674×H85×D26mmで、重量1200g。価格や発売時期などは今のところ明らかにされていないものの、今後の展開が楽しみなプロダクトと言えそうだ。

Art Direction by Mark Nomura (Japanese only)

mui's design secret by art director Mark Macoto Nomura

無為 – "mui" – effortless comfortさんの投稿 2016年9月20日(火)

関連サイト

mui