男たるもの、一度は無刻印なキーボードにチャレンジしたいものです