石井和美の家電やりすぎ比較レビュー 衣類スチーマー 5モデル 【No.2】東芝/La・Coo-S TAS-V5

今回比較するジャンルはこちら

衣類スチーマー 5モデル

アイロン台を出す手間が不要で、出かける前など、時間のない時にはとりわけ便利な衣類スチーマー。衣類をハンガーにかけたまま手軽にシワとりができることから、ここ数年で人気が高まっている。今回はアイロンとしても使用できる2WAYタイプを試してみた。スチームではシワを取り切れない襟や袖口なども、2WAYタイプなら安心だ。両方使いやすい、バランスのよい製品を選びたい。

こんな厳しいテストをしました!

POINT 1 スチーム量

  • スチーム量をチェック。公称よりも強く感じるもの、弱く感じるものなどさまざまだ。スチームが出る方向などもチェックした。

POINT 2 かけやすさ(スチーム)

  • スチームが効率よく衣類に届くか、確認する。またスチームにムラなどがないか、綿シャツのシワがスムーズに伸びるかどうかをチェック。

POINT 3 かけやすさ(プレス)

  • 放射温度計を使ってかけ面の温度を実測。ガンコなシワがついてしまった綿シャツを使い、一般的なアイロンと同様、シワが伸びるかどうかを確認。

POINT 4 操作性

  • 握りやすさや実際に持ってみた体感的な重さをチェック。ボタンの配置、水の入れやすさなどのお手入れなども含めて評価する。

POINT 5 立ち上がり時間

  • 朝の忙しい時間などは、1秒でも早く適温になってほしいもの。早く立ち上がれば、それだけ時短につながる。実際に計測してみた。

POINT 6 連続使用時間

  • ボタンを押している間だけスチームが出るものや、ずっと出続けているものなど、スチームの出方はさまざまで、使用時間は使い方によって異なる。

MODEL 2
東芝
La・Coo-S TAS-V5

実勢価格:1万1120円

プレスが最高

東芝のコード付き衣類スチーマーの上位モデル。通常の連続スチーム量は約15mL/分だが、瞬間3倍ショットで最大約45mL/分のパワフルスチームを実現。水タンク容量が従来機の2倍になり、約10分間の連続スチームが可能。かけ面にはニッケルコートが施されており、アイロンとしての使いやすさを追求している。かけ面の温度も3段階に調節可能だ。

SPEC

スチーム持続時間 約10分(かけ面温度設定「中」の場合)
スチーム量 最大約45mL/分(かけ面温度設定「高」の場合)
タンク容量 約110mL
立ち上がり時間 低(約23秒)、中(約28秒)、高(約33秒)
温度調節 低(約120℃)、中(約150℃)、高(約180℃)
オートオフ機能
サイズ 約70×170×132mm(幅×奥行き×高さ)
本体質量 約690g
消費電力 950W
付属品 スタンド、水量カップ

 

01 スチーム量

まっすぐ遠くまで届くスチーム。かなり勢いよく出てくる。特に瞬間3倍ショットはスチーム量が多い。

02 かけやすさ(スチーム)

勢いよくスチームが出るが、少しムラはある。瞬間3倍ショットはかなりパワフルで、なかなかとれないシワに効果があった。

03 かけやすさ(プレス)

「高」でのかけ面の温度は最大177℃(実測)と高温。すべりもよく、ピシッと折り目もつく。どの製品よりも一番使いやすかった。

04 操作性

今回試した製品の中でタンク容量が約110mLと一番大きいが、本体は約690gしかないので軽い。コンパクトで取り回しもよい。

05 立ち上がり時間

立ち上がり時間は「高」で34秒(実測)。かけ面も高温になるので、スチームだけでなく、プレスもすぐできる。

06 連続使用時間

タンク容量は約110mLと今回試した中では最大で、スチーム持続時間も約10分と長い。ロングコートなども余裕でケアできる。

Result

 

アイロンとしての使いやすさはダントツ
プレスもきちんとしたい方に

本体が約690gと軽いものの、水タンクは約110mLと大きく、かけ面温度設定「中」の場合、連続で約10分も使用できる。シャツやブラウスは一度に2~3枚ケアできた。驚いたのはアイロンとしての使いやすさ。かけ面は他社と比較すると、かけ面の温度は高温では最大177℃(実測)と高く、しっかりプレスできる。ニッケルコートでかけ面の滑りがよく、ひっかかりも少ない。先は独自の尖った形状で、ボタンまわりなどの細かい部分もかけやすい。衣類スチーマーとしてだけでなく、アイロンとしても使いたい方におすすめしたい。

profile:家電プロレビュアー 石井和美

守谷市にレビュー用の家「家電ラボ」をオープン。白物家電を日々レビューし、メディアやブログで公開している。家電blog管理人。