石井和美の家電やりすぎ比較レビュー 衣類スチーマー 5モデル 【No.3】ティファール/スチーム シュシュ

今回比較するジャンルはこちら

衣類スチーマー 5モデル

アイロン台を出す手間が不要で、出かける前など、時間のない時にはとりわけ便利な衣類スチーマー。衣類をハンガーにかけたまま手軽にシワとりができることから、ここ数年で人気が高まっている。今回はアイロンとしても使用できる2WAYタイプを試してみた。スチームではシワを取り切れない襟や袖口なども、2WAYタイプなら安心だ。両方使いやすい、バランスのよい製品を選びたい。

こんな厳しいテストをしました!

POINT 1 スチーム量

  • スチーム量をチェック。公称よりも強く感じるもの、弱く感じるものなどさまざまだ。スチームが出る方向などもチェックした。

POINT 2 かけやすさ(スチーム)

  • スチームが効率よく衣類に届くか、確認する。またスチームにムラなどがないか、綿シャツのシワがスムーズに伸びるかどうかをチェック。

POINT 3 かけやすさ(プレス)

  • 放射温度計を使ってかけ面の温度を実測。ガンコなシワがついてしまった綿シャツを使い、一般的なアイロンと同様、シワが伸びるかどうかを確認。

POINT 4 操作性

  • 握りやすさや実際に持ってみた体感的な重さをチェック。ボタンの配置、水の入れやすさなどのお手入れなども含めて評価する。

POINT 5 立ち上がり時間

  • 朝の忙しい時間などは、1秒でも早く適温になってほしいもの。早く立ち上がれば、それだけ時短につながる。実際に計測してみた。

POINT 6 連続使用時間

  • ボタンを押している間だけスチームが出るものや、ずっと出続けているものなど、スチームの出方はさまざまで、使用時間は使い方によって異なる。

MODEL 3
ティファール
スチーム シュシュ

実勢価格:1万2870円

広範囲に届くスチーム

シェルデザインが特徴のコンパクトな衣類スチーマー。ハンドル部分にスチームボタンが付いており、女性の小さな手でも押しやすい。付属のブラシアタッチメントをつければ、デリケートな素材もふんわりと仕上げられる。アイロンとして利用する場合は3段階の温度調整が可能で、滑りのよいセラミックかけ面を採用。

SPEC

スチーム持続時間 6分
スチーム量 平均11mL/分
タンク容量 70mL
立ち上がり時間 30秒
温度調節 低(約82-110℃)、中(約112-136℃)、高(148-167℃)
オートオフ機能 ×
サイズ 80×170×140mm(幅×奥行き×高さ)
本体質量 約780g
消費電力 950W
付属品 ブラシアタッチメント、スタンド、計量カップ、収納バッグ

 

01 スチーム量

勢いよく出るスチーム。均等に出るというよりは少し波があるが、パワフルに上下左右広がっている。

02 かけやすさ(スチーム)

スチームはパワフルで、よく広がる。かけ面も大きいので、本体を衣類に沿って滑らすように移動するとシワがどんどん伸びる。

03 かけやすさ(プレス)

「高」で最高温度は153℃(実測)。かけ面のスリットが大きく平らな部分が少ないので、身ごろなどの広い場所は少々時間がかかった。

04 操作性

まるみのある左右対称の形で、持ったときの安定性がよい。持ち手が太くしっかりしているので、手も疲れにくい。

05 立ち上がり時間

立ち上がり時間は「高」で35秒。スチームもボタンを押した瞬間から、勢いよく出る。トータルでは待ち時間が少ない。

06 連続使用時間

連続使用時間は約6分。他社の大容量タイプと比較するとタンク容量は70mLと少々小さめ。シャツなら2枚程度をケアできる。

Result

 

エレガントなデザインとパワフルスチーム
使い勝手のよい衣類スチーマー

スチームもパワフルでかけ面が大きく、広範囲を短時間でシワを伸ばせる。持ったときの安定感もあり、握りやすいデザインだ。両端が細くなったレモン型なので、ボタン周りなどの細かいところのアイロンがけがしやすい。ただ、広い場所は、他社と比較するとなかなか進まなかった。ブラシアタッチメントが付属しており、ウールなどの毛を起こしながらスチームを当てることもできる。特徴的なのは、貝をモチーフにした、丸みのあるかわいらしいデザイン。高級感があり、プレゼントにも喜ばれそうだ。

profile:家電プロレビュアー 石井和美

守谷市にレビュー用の家「家電ラボ」をオープン。白物家電を日々レビューし、メディアやブログで公開している。家電blog管理人。