石井和美の家電やりすぎ比較レビュー 衣類スチーマー 5モデル 【No.5】アイリスオーヤマ/KIRS-01

今回比較するジャンルはこちら

衣類スチーマー 5モデル

アイロン台を出す手間が不要で、出かける前など、時間のない時にはとりわけ便利な衣類スチーマー。衣類をハンガーにかけたまま手軽にシワとりができることから、ここ数年で人気が高まっている。今回はアイロンとしても使用できる2WAYタイプを試してみた。スチームではシワを取り切れない襟や袖口なども、2WAYタイプなら安心だ。両方使いやすい、バランスのよい製品を選びたい。

こんな厳しいテストをしました!

POINT 1 スチーム量

  • スチーム量をチェック。公称よりも強く感じるもの、弱く感じるものなどさまざまだ。スチームが出る方向などもチェックした。

POINT 2 かけやすさ(スチーム)

  • スチームが効率よく衣類に届くか、確認する。またスチームにムラなどがないか、綿シャツのシワがスムーズに伸びるかどうかをチェック。

POINT 3 かけやすさ(プレス)

  • 放射温度計を使ってかけ面の温度を実測。ガンコなシワがついてしまった綿シャツを使い、一般的なアイロンと同様、シワが伸びるかどうかを確認。

POINT 4 操作性

  • 握りやすさや実際に持ってみた体感的な重さをチェック。ボタンの配置、水の入れやすさなどのお手入れなども含めて評価する。

POINT 5 立ち上がり時間

  • 朝の忙しい時間などは、1秒でも早く適温になってほしいもの。早く立ち上がれば、それだけ時短につながる。実際に計測してみた。

POINT 6 連続使用時間

  • ボタンを押している間だけスチームが出るものや、ずっと出続けているものなど、スチームの出方はさまざまで、使用時間は使い方によって異なる。

MODEL 5
アイリスオーヤマ
KIRS-01

実勢価格:5260円

コスパのよさが魅力

コンパクトなサイズの衣類用スチーマー。水タンク容量は約60mLと少なめで、シャツであれば1~2枚をケアできる。出かける前などにサッとかけたい方に。温度調節機能などはなく、機能的にはシンプルだが、操作はカンタンで誰にでも簡単に利用できる。アイロンミトンが付属しており、ミトンを裏から当ててプレスすることが可能。

SPEC

スチーム持続時間 約5分30秒
スチーム量 約11g/分
タンク容量 約60mL
立ち上がり時間 約35秒
温度調節 約160℃
オートオフ機能 ×
サイズ 約70×165×130mm(幅×奥行き×高さ)
本体質量 約790g
消費電力 950W
付属品 計量カップ、スタンド、アイロンミトン

 

01 スチーム量

スチーム噴出口は6ヶ所で、スチームは真っ直ぐ勢いよく進んでいく。それほど広がりはないが、ムラは少なくパワフル。

02 かけやすさ(スチーム)

スチームボタンを親指で押す。押している間だけスチームが出てくるのだが、角度によっては押しにくく、長時間だと疲れる。

03 かけやすさ(プレス)

かけ面の最高温度は102℃(実測)とかなり低い。化繊やデリケートな衣類などには使えるが、綿のシャツなどではシワが伸びない。

04 操作性

水を入れる際、いったんタンクを取り外す必要があり、一手間がかかる。コンパクトで取り回しはよい。

05 立ち上がり時間

立ち上がり時間は、実測で31秒。スチームボタンを押してからスチームが出てくるまで、少し時間がかかる。

06 連続使用時間

ボタンを押す頻度にもよるが、だいたい5 分で水がなくなる。ガンコなシワがあると、シャツ1枚程度となる。

Result

 

価格が安く、コスパよし
使いやすい付属品は高評価

スチームが出るまでに時間がかかるが、ムラがなく、安心して使うことができた。アイロンとして使用する際は、温度設定ができないのは不便だ。特にかけ面の温度が他社よりも低く、シワを伸ばすのに時間がかかってしまった。また、水タンクに水が入れにくいことと、ボタンを親指で押しっぱなしにしなければいけないのは気になった。特にボタンは角度によって押しにくくなるので疲れやすい。付属のアイロンミトンはアイロン台を出さなくても襟や袖口などをプレスすることができ、とても便利だった。

profile:家電プロレビュアー 石井和美

守谷市にレビュー用の家「家電ラボ」をオープン。白物家電を日々レビューし、メディアやブログで公開している。家電blog管理人。