主役のワインよりも目がいっちゃう!Orox Leatherの『ワインキャディー』がかなりシブい

今年はなかなかの出来……という前評判だったけど、解禁されてからもあちらこちらで高い評価を受けている2017年のボジョレー・ヌーボー。この週末はボジョレー・ワインを手に友人宅へ、なんて人も多いかもしれない。今回はそんなシーンで使えそうなワイン用バッグを紹介しよう。

Orox Leather Co.(オロックス・レザー社)は、4代続くアメリカ・オレゴン州ポートランドのレザークラフトメーカーだ。徹底してメイド・イン・USAにこだわっており、高い耐久性や、流行に左右されない普遍的なデザインで支持を得ている。

そんなオロックス・レザー社から、レザー×キャンバス素材のワイン持ち運び専用バッグ『ワインキャディー』が登場した。ボトルを2本入れられるワインキャディーというのはちょっと珍しい。

ハンドルに採用されるイングリッシュブライドルレザーはもともと馬具で使用される素材ゆえに、耐久性はお墨付きだ。そしてボディには1838年から続くMartin Dyeing and Finishing社のキャンバス地が使用されている。表面には防水ワックス加工が施され、すでに使い込まれたような雰囲気。使い込むほどに柔らかくなり、味が出てくるのも魅力だ。

しかも、このワインキャディーにはOrox Leatherのロゴ入りのワインオープナーが付属する。収納スペースも用意されているから、うっかりオープナーを忘れて買いに走る……なんてこともなくなる(はず)。

カラーはチャコール、オリーブ、インディゴ、ブラウン、ブラックの5ラインナップ。価格が各8900円(税込)と手頃なのもいい。

Orox Leatherのワインキャディーを使いたいがために、ワインを手土産に持っていく……なんていうのも悪くない。この週末はもちろん、来たるべきクリスマスのためにおひとついかが?

関連サイト

OROX LEATHER JP