高発酵が実現したアルコール度数7%!『キリンのどごしSTRONG』最速試飲レビュー

本日(2017年11月20日)、キリンビールはアルコール度数7%の力強い飲みごたえと、すっきりした後味を両立させた、いわゆる「第三のビール」に相当する『キリン のどごし STRONG(ストロング)』を発表した。発売日は2018年1月23日で、350ml缶、500ml缶がラインアップされ、酒税法上の区分は「リキュール(発泡性)1」となる。

「ガツンときて スカッと爽快」その看板に偽りなし

まだ発売日はしばらく先の新製品だが、今回いちはやく見本缶を試飲する機会に恵まれた。さっそく飲んでみると、たしかにしっかりしたビール感がありながらも、高アルコール飲料ならではの“飲んだ”という満足感がある。

個人的な印象にはなるが、既発の高アルコール新ジャンル製品と比較しても、よりビールテイストの強い、ふくよかな味の広がりがあるように感じられた。

この点についてキリンは、スピリッツの添加率を増やすのではなく、同社独自の高発酵技術によって高アルコール化を実現したことによるものだと強調する。この製品で目指したのは、高アルコール製品でありながら「アルコール感を突出させない、ビールのような自然な香味バランス」なのだとか。

実際に飲んでみて、その狙い通りのドンピシャなテイストに、しみじみと納得させられた。

現在の消費者意識にマッチした戦略商品に

新たに『キリン のどごし STRONG』が加わることで、キリンの「のどごし」ブランドは中核製品である『のどごし<生>』、糖類・プリン体ゼロの機能系アルコール飲料『のどごしZERO』、麦たっぷりのうまさを謳う『のどごしスペシャルタイム』にストロング系RTD(=缶チューハイなどのReady to Drink飲料)に対抗できる“酔いのコスパ”が高い商品までを網羅した製品ポートフォリオを確立することになる。

このところのビール類は、ただでさえ飲用量が減少傾向にあるなか、2017年6月の酒税法改正で一部値上がりというさらなる逆風にさらされている。逆に直近3年間での年間2桁成長という、近年の日本市場では稀有な伸び率を達成しているのが、アルコール度数7%以上のストロングRTD製品群だ。

そんななかにあって、高アルコールかつビールらしい味わいのある『キリン のどごし STRONG』のテイストからは、売れ筋のストロング領域をビール類においても開拓しようとする、キリンの戦略的な意欲が読み取れる。今後さらに生活防衛意識が高まるであろう現代日本の消費者に、この商品がどのように受け入れられるのか注目したいところだ。

関連サイト

「キリン のどごし STRONG(ストロング)」新発売(キリンビール株式会社のニュースリリース)