翌朝のひげ剃りがプレミアムな時間になる「Panasonicの洗剤」

シェーバーのお手入れってどうしていますか?

上位モデルになると、洗浄ユニットが付属していて常に清潔な状態に保ってくれますが、価格もびっくりするくらいに高価で、どうにもこうにも高嶺の花。

Amazonで6,000円だった私のシェーバーには、そんな怠惰な機能は着いておらず、1週間に一度クリーニング液で洗浄しています。

利用しているのはPanasonicシェーバー用のクリーニング液「ES004」。中身は粘土の高いジェル状の洗浄液で、水洗い時にシェーバーの刃に塗ります。

主成分は界面活性剤、性質は弱アルカリ性。洗剤としてはよくある成分ですが、油汚れに強いのが特徴です(その分手指へのダメージはありますので、肌荒れにご注意ください)。

ぬるま湯を少しかけてスイッチをON。モコモコの泡がシェーバーのブレードにこびりついた皮脂や汚れ、隙間に詰まったヒゲを落とします。

「たかが洗剤、ハンドソープで十分ではないか?」という意見もあるでしょう。

私もそう思って最初はハンドソープで洗っていたのですが、このクリーニング液を購入してから、もうハンドソープには戻れません。

まず、洗浄力が違います。

多くのハンドソープはこすり洗いで汚れを洗い流す洗剤なので、シェーバーの洗浄にはやや不向き。手指へのダメージを抑えるために、中性〜弱酸性に調整されているため、洗浄力もマイルドです。そのため、皮脂汚れが落ちきらず、ブレードに曇りが残ることもありました。

しかし、このクリーニング液に変えてからは1度の洗浄で、しっかりとリセットできています。ブレードの間や隙間に詰まったヒゲも綺麗サッパリ洗い流され、洗浄中にほのかに香る柑橘系のフレッシュな匂いは「ひげ剃りをリセットしたぞ!」という気持ちも与えてくれます。

私は1週間に一度のペースで洗浄していますが、洗浄した翌朝は面倒なひげ剃りが楽しみでなりません。リフレッシュされたシェーバーを肌に当てるその時が、まるで心待ちにしていたゲームの発売日であるかのような、特別な瞬間に感じるのです。

Panasonicシェーバー用のクリーニング液「ES004」、Amazonでは400円前後で購入できます。

大事なことなので、最後にもう一度。シェーバーをしっかりとキレイに洗うと、次の日の気分の良さは格別です。