ついに「腕の増設」が現実的に!? 今すぐ買えるダブル・ロボットハンド

実用性のほどは定かでないものの、片腕の手首から先を二重化するロボットハンド『DOUBLE HAND』が1799ユーロ(およそ24万円弱)で販売されているようだ。このデバイスを生み出した「Youbionic」によれば、身体を拡張することで人類を進化させる、初のウェアラブル・ロボット装置なのだという。

このように装着者の動きをトレースする機械は、SF作品のパワードスーツやロボットの操縦方式としても多く見られるもの。日本のアニメ・マンガでも、数々のロボットアニメや士郎正宗作品など登場作品は枚挙にいとまがないし、海外映画でも「エイリアン2」のパワーローダー、「パシフィック・リム」の巨大ロボット・イェーガーといったマシンがすぐに思い浮かぶほど、広く浸透している。

その製造には3Dプリンタが用いられているようで、大量生産されているプロダクトというわけではなさそう。しかしながらWebページ上では価格がつけられて「BUY NOW」ボタンも設けられた、れっきとした販売向け製品だ。『DOUBLE HAND』以外にもシングル仕様のロボットハンドや、アーム支持スタンド、アクチュエーターといったパーツ類の販売も行っている模様だ。

それにしても、こうしたウェアラブル・ロボット機器による身体拡張が実用化された世界では、いったい人類はどのような暮らしをしているのだろう。悠長に構えているうちに、あっという間にそんな時代が到来して驚くことになるのかもしれない。

関連サイト

Youbionic