GDP世界一!美食の大公国「ルクセンブルク」の郷土料理を楽しめる期間限定カフェ

日本初、ルクセンブルク政府公認のポップアップ・カフェ「ルクセンブルクカフェ」が、日本橋浜町にある「Hama House」にて2017年11月27日~12月17日まで期間限定でオープンしている。

ベルギー、ドイツ、フランスに囲まれた世界で唯一の大公国ルクセンブルク。面積は神奈川県ほどだが、人口は約59万人と神奈川県人口の6%程度だ。首都ルクセンブルク市の古い町並みと要塞群が世界文化遺産に登録されており、その町並みの美しさは「ヨーロッパの宝石」と呼ばれるほど。

また、国民一人当たりGDP(国内総生産)が世界1位の豊かな国としても知られており、金融業やIT産業に加え、最近では宇宙やバイオなどの分野でも発展を遂げているんだとか。

ルクセンブルク大公と大公妃、両殿下の訪問に関連したプロジェクトとして実現したのが、この「ルクセンブルク・カフェ」。同国の経済相をはじめとする政府機関の全面協力により、ルクセンブルクのグルメや観光情報を紹介している。

カフェのメニューには、郷土料理をヒントとした料理や、ルクセンブルク産のワイン、ビール、ホットチョコレート、ルクセンブルク名物である白ワインをベースとしたホットワインなどが並ぶ。

野菜のみじん切りがどっさり入ったパテ・オ・リースリング。
オープンサンドウィッチ。
ムール貝のサフランソース(左)、クリスピー・ポテト・フリッター(右)。

同カフェのオープン期間中は、インスタグラムで人気というフォトグラファー保井崇志さん撮影による、ルクセンブルクの写真展も展開。保井さんのギャラリートークをはじめ、ワインセミナーや聖二コラ祭など、様々なイベントを予定している。

保井崇志さんが撮影したルクセンブルクの写真。
【開催概要】
期間: 2017年11月27日(月)~12月17日(日)
場所: Hama House(ハマハウス)東京都中央区日本橋浜町3-10-6

関連サイト

「ルクセンブルク・カフェ」公式サイト