日々の暮らしがもっと楽しくなる!デジモノのプロが選ぶ、ライフスタイルを変える家電【自慢の家電ランキング】

【自慢の家電ランキング】

近年、魅力的な家電が続々と登場している。それらに最も詳しいのが、日々家電製品の取材を行い、検証している、こちらの16人の家電の賢者たちだ。今回は彼らが実生活で使い続けている『自慢の家電』をランキング形式で掲載。これぞ、どこよりも正直な“真に買って間違いない家電”カタログなのだ!

これまでにない新鋭家電がライフスタイルを変えました

本誌ディレクター/滝田勝紀
フリーランスの編集者。「AllAbout」家電ガイドで、本誌ディレクターも兼務。ライフスタイル誌やビジネス誌、モノ誌、ニュースメディアなどで多数の白物家電系連載/執筆を担当。ドイツで毎年開催される家電見本市「IFA」ほか、海外展示会などの取材経験も豊富。メーカーの戦略PRやコンサルタント業務もこなす。

1位
家にバリスタが常駐する感覚。毎日コーヒーを飲むように

豆を挽くところから抽出までこなす全自動コーヒーマシン。内部を自動洗浄する機能を備え、メンテナンスも容易。横幅はコンパクト。きめ細かくなめらかな泡立つミルク機能搭載で、カプチーノやカフェラテなども簡単に淹れられる。

デロンギ
プリマドンナXS ETAM36365MB
実勢価格:25万9200円

レギュラー風コーヒーやミルクメニューなど全部入り

今年は自身の細かなライフスタイルを変える3つの家電に出会い、それがランキング上位を占めました。

まず第1位は全自動コーヒーマシン『プリマドンナXS』。これまで打ち合わせなどでコーヒーを飲むことが多く、プライベートでは、実はコーヒーを飲むこと自体を控えていました。でも、こちらを手に入れてからは毎日がコーヒー三昧。理由は簡単、ボタンひとつで美味しいコーヒーを淹れまくれるから。カフェジャポネーゼ(深蒸しレギュラーコーヒー)だけでなく、エスプレッソ、カフェラテと、ミルクメニューの細かな泡も全て人の手よりも上手に作ってくれます。

コーヒー豆について色々試すようになったことも大きな変化です。今では豆を専門店などからいろいろ調達してきて、今日はエチオピア産だとか、明日はブラジル産だとか、同じコーヒー豆でも味や香りの違いを自分で試して、好きな豆を探すようになったのは自分でも驚きです。

また、コーヒーマシンの欠点として必ず挙がるのが、メンテナンスがとにかく面倒だということ。でも『プリマドンナXS』は違います。なんとなく毎晩コーヒー豆のカスを捨てるくらいでメンテナンスOK。なぜなら、電源を入れるたびに内部洗浄は毎回自動で行ってくれますし、抽出ユニットも1カ月に1回程度、横から出してちょっと洗って乾かせばOKなんです。

価格は25万9200円と決してお安くはありません。が、家にバリスタが常駐していて、いつでも美味しいコーヒーが飲めると思えば、コスパは決して悪くありませんよね。しかもデロンギの全自動コーヒーメーカーですから、置いてあるだけで絵になりますし、もう手放せません。

毎朝、用意しているコーヒー豆から好きなもの選んで淹れるようになりました。ボタンを押すだけで最後まで全自動で淹れてくれるので、忙しい朝にもピッタリです。

 

2位
余ったごはんでチャーハンを作るようになりました

鋳物ホーロー鍋で定評のあるバーミキュラが炊飯器を作った。ガス火と鍋で上手に炊けたときのご飯を再現。おかずの調理も可能。しゃきしゃきのご飯が楽しめるが保温機能は省略。新色であるトリュフグレーとシーソルトホワイトが追加。

バーミキュラ
バーミキュラ ライスポット
実勢価格:8万6184円

至福の艶やかご飯や絶品のおかずを調理

続いて、第二位は『バーミキュラ ライスポット』。

昨年発表された業界内でも話題の炊飯器ですが、炊き上がりのごはんの美味しさに完全にやられています。

ひとつカミングアウトします。私は家電に詳しいのですが、実は普段はほとんど料理をしないんです。なぜなら単に面倒臭いから。でも、この『バーミキュラ ライスポット』を手に入れてから、休日などにちょっとやってみようという気になったことに、驚いております。「道具感」があると、男子である以上、ついつい使ってみたくなるということなんですかね?

といっても、余ったごはんでチャーハンを作ったりするくらいが定番なのですが、これが自分で作ったとは思えないほど美味しくて、自分自身でもさらに驚いてしまいます。

購入して以来、毎日のようにごはんを炊くので、少し年季が入ってきました。手入れなどは通常の炊飯器より面倒ですが、この炊き上がりで食べられるならとヘビーユース中。

 

3位
ジャケットやコートがいつもフレッシュな状態に

洋服を掛けておくだけで、スチームの循環とハンガーラックの振動ででシワだけでなくニオイやホコリ、花粉、ダニなどを取ってリフレッシュしてくれる逸品。ボタンを押すだけで、衣類をいためることなく太陽光以上の除菌効果を実現。

LGエレクトロニクス
LGスタイラー
実勢価格:21万3840円

ハンガーにかけておくだけでシワや匂いを除去

第3位が新ジャンルの家電であるホームクリーニングマシン『LG styler』になります。これを手に入れてから、毎日さりげなく、上着を自分で洗うのが習慣化しました。

洗い方も簡単で、ジャケットやコート類を内側の専用ハンガーにかけるだけ。あとは電源ボタンを押して、スタートボタンを長押し。通常48分コースで高温スチームによる洗濯と乾燥が終わると、ほのかに暖かい状態でキレイに仕上がり、フレッシュな気持ちで同じジャケットなどに袖を通せるのです。

これから冬本番になると、これまで以上にフル回転で使うようになります。忘年会シーズンになると服に色々な臭いも付きやすくなりますが、『LG styler』があれば全く怖くありません。一度使ってしまったら手放せない家電になりますね。

 

『デジモノステーション』2018年1月号より抜粋。