この1台ですべてを撮る。明るいレンズ搭載モデルなら人物も食事もキレイ!【意識低い系男子のカメラ選び】

【意識低い系男子のカメラ選び】

FacebookやInstagramなどで“なんとなく素敵な写真”を目にする機会が増え、写真が上手くなりたい人が急増中! 「私でも撮れる!」その自信は新しいカメラを手にすることでより深まるはず。スマホも良いけどSNSで「いいね!」を集めるならやっぱりデジカメでしょう!

コンデジ派の主張。

今どきのコンデジは安くない! でもきれいに撮れる。明るいレンズのコンデジなら一眼レフと比べても遜色ないほどの性能です。レンズ交換式ではない分、ボディーとレンズのチューニングがバッチリ合っていて写りは最高なんですよね。センサーやレンズ内部にゴミも入らないし、持ち運びもグッドです。

使うほど思い通りに撮れるようになる本当のマイカメラ

かつてコンデジと言えば、誰にでも扱いやすくて低価格という、ライトモデルが主流だったが、スマホの普及で市場から後退。

最近のコンデジニーズは“写りの良さ”を追求したミドル・ハイエンドクラスが求められている。その分、価格はミラーレス・デジイチ並み。交換レンズによる表現力の幅はないが、ボディとレンズの専用設計は随一で、使いこなすほどに“イメージ通り撮れる”ようになる。

とくにここで紹介する明るいレンズ搭載のモデルは家族撮りも食事シーンもバッチリ。印象深い写真がカメラ任せで撮れる。

 

撮るだけでプレミアムな写り。

35mm・F2.0単焦点レンズ搭載。きれいな背景ボケのポートレートはもちろん、全ピンの風景撮りにもいける。富士フイルムらしさが演出できる「フィルムシミュレーション」で写真を残したい。

富士フイルム
FUJIFILM X100F
実勢価格:13万9180円

【SPEC】
126.5×74.8×52.4mm・469g
APS-C、35mm相当単焦点(35ミリ判換算)、F2.0、2430万画素、フルHD動画
往年のフィルムカメラのようなフォルムながら、最先端の機能が詰め込まれた「見た目クラシック・中身フルデジタル」カメラ。
【F2.0・35mmはこう撮れる!】
フィルムシミュレーション「クラシッククローム」で撮影。X100Fは10cmまで寄れるので印象深い写真作りはもちろん、食事シーンでも問題なく撮れる。F4:1/34:ISO800 FUJIFILM X100T Photo by Map Camera Staff

 

キヤノンコンデジのスタンダードにして傑作シリーズ

キヤノン「1.0型センサー」コンデジのなかでもマルチに使えてバランスに優れたモデル。ファインダーはなく、液晶モニターを見ての撮影だが、手ぶれ補正機能があり、きれいに撮れる。

キヤノン
PowerShot G7 X Mark II
実勢価格:6万2210円

【SPEC】
105.5×60.9×42.2mm・319g
1.0型CMOS、24mm~100mm相当ズーム(35ミリ判換算)、F1.8~F2.8、2010万画素、フルHD動画
操作部がシャッターボタンまわりに集結しており、目で確認せずとも片手で直感的に操作できる。ダイヤル操作はとても良好。

 

小型・軽量ながら写りは大物級のマルチコンデジ

ソニー「RX100」シリーズの最新作にして、万能カメラの呼び声が高い「RX100M5」。スナップ撮りに最適な標準ズーム域、F1.8からの明るいレンズはボケ感もコントロール可能。

ソニー
サイバーショット DSC-RX100M5
実勢価格:11万1580円

【SPEC】
101.6×58.1×41mm・299g
1型MOS、24mm~70mm相当ズーム(35ミリ判換算)、F1.8~F2.8、2010万画素、4K動画
MOVIEボタンへのアクセスも容易な操作部。4K動画が撮れるので、思い出をきれいな映像で残したい。

 

大口径レンズ搭載のオンリーワンプレミアム

開放F1.4の大口径レンズを存分に活かす絞りリングを搭載。スピーディに背景ボケのコントロールが行いやすい。4K動画にも対応しており、写真・映像とマルチに使える。

パナソニック
LUMIX DMC-LX9
実勢価格:7万7660円

【SPEC】
105.5×60×42mm・本体のみ約280g
1型MOS、24mm~70mm相当ズーム(35ミリ判換算)、F1.4~F2.8、2010万画素、4K動画
モニター部を自分に向けて撮影できる。自撮り後はWi-Fiでスマホやタブレットに転送できるのでSNS用途でもオススメ。
【1インチコンデジはこう撮れる!】
コンデジはセンサーサイズが小さくボケにくくなる印象。1インチという大型のセンサーと各々のもつ開放F値1.4、F1.8-2.8のレンズと相まってミラーレスやデジイチに引けを取らないボケ感を演出することができる。F2:1/200:ISO200 DSC-RX100M5 Photo by Map Camera Staff

 

『デジモノステーション』2018年1月号より抜粋。