4月21日10:00よりECサイトでマスクの一般販売を毎日! シャープさん、マスクを作ってくれて心からありがとう

編集長の滝田勝紀です。普段はプラズマクラスター製品などで取材させてもらうことが多いシャープですが、一般の方々にマスクが手に入らない状況に待ったをかけるべく、国内工場でマスクの生産を始めたというのはすでに周知の事実。その待望のマスクがいよいよ4月21日10:00より、 SHARP COCORO LIFEのECサイトにて、 個人向けにマスクの販売を開始します。しかも毎日。

購入方法や価格、 商品仕様などの詳細は、 こちらのURLをご確認ください。
https://cocorolife.jp.sharp/mask/

同社は日本政府からの要請を受けて、 三重工場のクリーンルームにおけるマスクの生産を2月28日に決定。 新型コロナウイルス感染症が拡大する中、 日本におけるマスクの供給不足を少しでも早く緩和すべく短期間で準備を進め、 3月31日よりまずは日本政府向けに出荷を開始しています。

商品名/形名は不織布マスク/<MA-1050>。1箱あたり50枚入りで、マスクにはシャープのロゴが入っているのが特徴。販売数量は1日3000箱(15万枚/日)。 今後の生産能力の増強に伴い、 10,000箱/日(50万枚/日)の販売を目指すとのことです。

どのようなマスクかというと、立体三重構造で、花粉よりもさらに小さい生体ウイルスや微粒子からもしっかりガード。風邪などの際にも他の方への感染を予防します。VFE試験やPFE試験でも99%以上の結果を確認しているとのこと。高密度フィルターの採用により、PM2.5や花粉の対策にも使えます。また、鼻のラインに合わせてぴったりフィットするノーズフィッターで、マスクの隙間を減らし、メガネの曇りを抑えてくれる優れもの。

さらに、販売方法も工夫しており、より多くの本当に必要な人々に行き渡らせるため、在庫状況に応じて、 一定期間にご購入いただける数量を一人1箱(50枚入り)限り。現時点では、購入日含め3日間は再購入できない仕組みとなっているとのことです。

マスクの転売行為が問題となり、現在は法律で禁止されてます。違反した場合には、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられますのでお気をつけください。

シャープさん、心からありがとうございます。