せっかく持つならゴツいヤツ。案外入りやすいデジタル一眼レフカメラの世界【意識低い系男子のカメラ選び】

【意識低い系男子のカメラ選び】

FacebookやInstagramなどで“なんとなく素敵な写真”を目にする機会が増え、写真が上手くなりたい人が急増中! 「私でも撮れる!」その自信は新しいカメラを手にすることでより深まるはず。スマホも良いけどSNSで「いいね!」を集めるならやっぱりデジカメでしょう!

デジイチ派の主張。

「カメラで撮ってます!」感たっぷりのデジイチは交換レンズの数だけ自由な撮り方が楽しめて、さらには上位機種へステップアップしたときでもレンズ資産がそのまま使えるから結果お得! 中古レンズの数も多く、思いのほか高くないんです!

見た目以上にハードルが低いファミリーカメラなんです

ひと昔前までは“趣味の世界”の代名詞だったデジイチ(デジタル一眼レフ)だが、明るい標準レンズで撮るボケ感たっぷりな“魅せる写真”がSNSを中心に好まれるようになり、「きれいに撮れる」「可愛く写る」「思いのほか簡単」と、ビギナーや女性層にも拡大。

子育て中のパパ・ママが我が子の思い出をデジイチで残す人が増えており、各社エントリークラスに「ファミリーカメラ」を意識した製品づくりを行なっている。一方でミドルクラス以上のハイアマ機も従来のカメラファン、ステップアップニーズ向けに開発・生産されているなど、デジイチユーザーの幅はビギナーからプロまで幅広い。

デジイチは交換レンズの数がとても多く、新製品はもとより、中古市場も売り買いが活発。型落ちレンズならミラーレスレンズよりも安く手に入ることがあり、コスト的にも嬉しい。もちろんプロが使うような本格派レンズを揃えれば、ボディを上位機種に買い換えてもレンズ資産が使いまわせるのでコスパは高い。

初めてのデジイチユーザーなら標準ズームレンズがセットになったレンズキットでも十分に楽しめるはず。

 

高速AF・高速連写モデルなら、運動会も逃さず撮れる

コンパクトながらしっかりとした一眼レフなキヤノン「EOS Kiss X9i」。タッチパネル機能搭載、スマホとの接続も簡単で、SNS用途にも対応できる。ピント合わせにも定評あり。

キヤノン
EOS Kiss X9i
実勢価格:9万2000円

【SPEC】
131×99.9×76.2mm・485g
APS-C、一眼レフ、キヤノンEFマウント、2420万画素、フルHD動画
自由な撮影スタイルを可能にするバリアングル液晶搭載。液晶を見ながら撮るライブビュー撮影でも高速AFを発揮。

 

ママでも使える、一番簡単なファミリーカメラ

キヤノンKissシリーズのさらにエントリー向けモデルが「X9」。シンプルにまとめられた操作部は使い手を選ばず、カメラ任せでもきれいに撮れる。バリアングル液晶モニターも便利!

キヤノン
EOS Kiss X9
実勢価格:6万2290円

【SPEC】
122.4×92.6×69.8mm・406g
APS-C、一眼レフ、キヤノンEFマウント、2420万画素、フルHD動画
操作部は非常にシンプル。液晶をタッチパネルで操作できるので、設定を変更したい場合はタップで行えばOK!

 

価格が安定し、今が買い! な超優良カメラ

2013年の発売ながら、長く売れている人気エントリーモデル。バリアングル、Wi-Fi接続機能搭載でSNSカメラとしても◎。キットレンズは使いやすい標準画角で手ぶれ補正付き。

ニコン
D5300 AF-P 18-55 VR
価格:6万3020円

【SPEC】
125×98×76mm・480g
APS-C、一眼レフ、ニコンFマウント、2416万画素、フルHD動画
シャッター部に集約された操作系は使い勝手抜群。ダイヤル手前の「LV」はライブビュー切り替えスイッチだ。
上下左右に可動するバリアングル液晶を搭載。ズーム域を18mmに設定し、カメラを持ち上げれば全景が撮れる。
【レンズキットの標準ズームはこう撮れる!】
エントリー向けのD3300で、前モデルのレンズを使って撮影したもの。f3.5-5.6ながらボケ感もきれい。人物も食事も風景も撮れるバランス型レンズだ。 F4.5:1/50:ISO220 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f3.5-5.6G VR II Photo by Map Camera Staff

『デジモノステーション』2018年1月号より抜粋。