シンクロする音と光がライブステージを蘇らせる
【ds hands on!】BALMUDA The Speaker

バルミューダといえば照明や空調をはじめとするホームアプライアンスの体験価値を、テクノロジーとプロダクトデザインの双方から革新してきたブランドだ。そのバルミューダが意外にも初めてとなるオーディオ製品を発売する。“光の演出”を楽しむBluetoothスピーカー。好奇心を沸き立たせてくれる新製品をレポートしよう。

BALMUDA
BALMUDA The Speaker

直販定価:3万5200円(税込)

 

TOP
FRONT
BACK

 SPEC 

スピーカー

77mm口径 フルレンジユニット

エンクロージャー方式

密閉型

アンプ部最大出力

8W

音源

Bluetooth(無線)/

3.5mm ステレオミニジャック(有線)

Bluetooth 対応コーデック

SBC

バッテリー連続音楽再生

約7時間

バッテリー充電時間 約2.5時間
消費電力 最大15W、待機時0.15W
外形寸法     約105φ×188Hmm
質量 約1.0kg

再生される音楽に合わせながら
生き物のように光がゆらめく

真空管のように見える3つのチューブは強さと硬さを兼ね備えた透明な有機ガラス管。そこに内蔵されているLEDユニットが再生される音楽に合わせて明滅しながらゴージャスな光の演出を楽しませてくれる。明滅のパターンはただ一定のリズムを刻むのではなく、スピーカーが内蔵する信号処理回路に組み込んだ独自のアルゴリズムがリアルタイムに楽曲に含まれている音のパターンを解析して、曲に最もマッチする光の瞬きと揺らめきを作り出す。
BALMUDA The Speakerには光が明滅するパターンを変えて、それぞれに楽曲やシーンに合わせて異なる雰囲気を演出する3つのアルゴリズムのプリセットが用意されている。音楽再生を始める前に、スピーカー背面に設けられた「LIGHT」スイッチを押すと短いビープ音が鳴って、「Beat」「Ambient」「Candle」の3つのプリセットが順に切り替わる。

わが家のリスニングをコンサートホールに
コンサートホールに変える光のマジック

「Beat」はLEDライトを最もダイナミックに明滅させるプリセット。ダイヤモンドのように煌びやかなイルミネーションがスピーカー内部の鏡面仕上げの壁や柱に反射して、ライブハウスやダンスフロアのようにゴージャスな空間を描き出す。アップテンポなロックやダンスミュージックに合う。
「Ambient」を選択すると抑揚を付けたLEDライトの明滅が音楽に合わせて優しい雰囲気を作り出す。グルーヴィーなジャズピアノやミドルテンポの女性ボーカル、アコースティック楽器によるバンドのセッションとよくマッチした。
「Candle」はその名前の通り、キャンドルライトのようにはかなげで上品な光をゆらめかせる。甘いジャズボーカルやクラシックの名曲のソロ演奏に合わせてみると、音楽の世界にぐいぐいと引き込まれて、心が洗われていく感覚を味わった。

音楽を心地よく楽しむために
ベストを尽くしたプロダクトデザイン

iPhone、アンドロイドを問わずあらゆるスマートフォンやBluetooth再生に対応するポータブルオーディオプレーヤーにペアリングして楽しめる。3.5mmアナログ音声入力も備えているので、ワイヤレス再生に非対応のオーディオコンポやポータブルCDプレーヤーと組み合わせてもいい。
スピーカー本体の質量は約1.0kg。片手で持ち上げられるサイズ感としている。バッテリー駆動ができるBluetoothスピーカーなので、家の中のあらゆる場所に好きな音楽を持ち出せる。本体の高さは約18.8cmなので置き場所も取らない。
天面に上向きに配置した77mm口径のフルレンジスピーカーユニットを、出力8Wのデジタルアンプでドライブする。音が伸びやかに拡散して、360度周囲のどの方向からも心地よいサウンドが楽しめる。
本体の底面側にもLEDライトを配置。まるでステージに立つアーティストを照らすライトのように、LEDライトのガラス管をさらに煌びやかに輝かせる。
バッテリーはフル充電から約7時間の連続音楽再生が楽しめるスタミナを実現している。もちろんパッケージに付属するUSBケーブルを接続して、本体を充電しながら音楽再生を楽しむこともできる。

音が聴けるだけじゃない
音楽に入り込めるスピーカー

バルミューダの代表である寺尾玄氏は、エレクトロニクスのブランドを立ち上げる前にはプロのミュージシャンとして活躍していた異色の経歴を持つ人物だ。寺尾氏の音楽への思いと、バルミューダのテクノロジー、そしてユニークなアイデアが詰まったブランド初のオーディオ製品が誕生した。

BALMUDA The Speakerは筒型デザインのBluetoothスピーカーだ。透明なエンクロージャーの中に3本のガラス管が配置されている。一見するとオーディオや楽器用のアンプが増幅回路に用いる真空管のようだが、その正体はLEDユニットだ。

 本体の電源をオンにすると、筒の中に配置された複数のLEDが点滅してミラー仕上げの筐体の内部に煌びやな光を反射させる。本機はただ音楽を聴くためだけに開発されたBluetoothスピーカーではないし、照明器具でもない。「音楽の熱量を引き出す」というコンセプトのもに、バルミューダは今までにない新しい音楽体験を届けることに挑戦したのだ。

LEDはただ一定のリズムで点滅を繰り返すのではなく、本体に内蔵するデジタル信号処理回路に組み込まれたバルミューダ独自開発のアルゴリズムに従って、スピーカーが再生する楽曲に合わせて、明るさや明滅速度を自在に変えながら輝く。音楽再生を始める前に、光り方のパターンを3つのプリセットから選んでおくと、アップテンポな曲からバラードまで音楽を聴きながら最もふさわしい光の演出が同時に楽しめる。

 スマホなど音楽プレーヤーをBluetoothによる無線接続、またはケーブルによる有線接続でつないで、聴きたい楽曲を再生するだけ。ボーカルの艶っぽさを生々しく引き出し、コンパクトなサイズから想像もつかないほど力強いビートを響かせる。スピーカーをデスクトップに置いて近い距離で聴いてもいいし、リビングルームのような広い部屋にきめ細かなサウンドを満たせるパワーも備えている。本体は1kgと軽く、フル充電から約7時間の連続音楽再生ができるバッテリーも内蔵する。置き場所の選択も自由自在。心地よく五感を刺激するスピーカーを贅沢に楽しみ尽くしたい。


  • text 山本 敦
  • photo下城英悟(GREEN HOUSE)

profile : IoT&デジタルAVライター 山本 敦

ネットワーク家電による便利な生活、スマホ&タブレットによるハイクオリティな映像・音楽コンテンツの楽しみ方まで広い視野で取材・執筆する。