ユピテル/ゴルフスイングトレーナー&グリーンオン/レーザーコーチ パッティング〜
“練習せずに道具で100切り”が合言葉
頑張らないゴルフ

 

篠田哲生。時計の世界では知らぬ者はいない大物ライターだが、ゴルフの腕はイマイチ。本業が忙しすぎて練習時間がない、のが本人の言い訳だ。効率重視のこの男のモットーは、とにかく道具に委ねてスコアを減らすこと。意識低い系ゴルファーがデジタルツールを片手に掲げ、上達の裏街道を堂々練り歩くゴルフドキュメントが始まる。

今回のデジタルゴルフギア

ユピテル
ゴルフスイングトレーナー GST-5 W

税別9,250円

グリーンオン
レーザーコーチ パッティング(エントリーモデル)

実勢価格1万円

マイクロ波センサーのドップラー効果と多くの実測データから、パターの推定距離を計測する「ゴルフスイングトレーナー」と、レーザーによってパターの向きなどをチェックする便利な練習補助器具「レーザーコーチ」を併用。


STAY HOMEのご時世で、ゴルフの打ちっぱなしにも行けない日々が続いている。こうなると自宅練習がしたくなるが、クラブを振り回す場所もないので、必然的にパッティング練習がメインとなる。パター用の練習器具は無数に売られているが、ひとつ大きな問題がある。たいていの練習マットは、長さが2mくらいしかない。もちろんこの距離からポンポンいれる練習も大切だが、へたくそゴルファーはそもそもグリーン周りからピンに寄せることができないので、必ずロングパットを強いられる。つまり5~10mという長い距離から、一発でOK圏内に近づけることこそが、最も大切なパッティング練習ではあるまいか? しかし家の中で、実際にロングパットを打つことはできない。そこでデジタル機器の力を借りることにする。以前クラブ買い替え時に飛距離を計測したユピテル「ゴルフスイングトレーナー」には、ボール速度でパッティングの飛距離を推定する機能がある。つまり壁でボールが止まっても、その先どこまで転がるのかわかるので、ロングパットの練習になるのだ。

まずは長めのパッティングマットを購入し、3mから打ってスイングトレーナーの精度をチェックする。誤差はほとんどないようなので、まずは“飛距離5m”を目指してパットを打っていこう。遠くからカップインさせるのが目的ではなく、あくまでも距離感を重視。そのためにも、距離に応じた正しい振り幅を見つけたい。そこで振り幅を可視化するために、これも以前使ったグリーンオン「レーザーコーチ パッティング」も装着して練習だ。
最終目標は、レーザーの助けなしで、5~10mをランダムに打ち分けられるようになること。いつかやってくるその日のために、自宅でロングパットを磨くのだ。

 

STAY HOMEだからこそ
ロングパットを磨く

あくまでも距離感を掴むことが目的なので、パターマットはカップがないタイプを用意。端には50㎝ごとにマークを付けておく。ちなみに1mのショートパットは、かなり得意なのです。
「ゴルフスイングトレーナー」はボール軌道に対して斜めに置き、約一メートル先を通過したボールのスピードを計測してパッティングの距離を推定する。ちなみに計測器は、グリーンの速さが8.8ftを想定しているとのこと。この練習マットの速さは9ft想定なので、少ない誤差で練習できるのだ。
「レーザーコーチ パッティング」をパターに取り付ければ、振り幅を一定にできる。さらにスイングのテンポや力の入り方を安定させることを意識する。安定したテンポでボールを打ち出せれば、狙った距離を狙えるだろう。
ついに出ました5.0m! ちなみに振り幅ばかりを意識していると、今度はスイングのテンポがズレてくる。振り幅とテンポの安定を意識すべし。
ちなみに10mパットのためには、ボールスピードは3.9m/s必要になる。パターの振り幅が大きくなる分、テンポを安定させるのが難しくなる。

profile : 篠田哲生

1975年生まれ。40を超える媒体で時計記事を担当する激売れライター。大人の嗜みとして2年前からゴルフを始めるも、今のところ上達の気配は全くなし。「ファー」の声出しに自信あり。