スマホ写真も印刷可能。コダックブランドの新インスタントカメラ『Kodak Mini Shot』

撮影した画像をそのまま本体で印刷できる“インスタントカメラ”の人気が再燃し、各社が新製品を投入している昨今。コダックブランドからは、スマホ連携でのプリントも可能なインスタントカメラ『KODAK Mini Shot』が登場した。本体カラーはブラック、ホワイト、イエローの3色で、価格は海外のアマゾンで99.99ドル(約1万1000円)。なお、製造メーカーは韓国Prinicsとなっている。

『KODAK Mini Shot』のセンサー解像度は1000万画素。撮影時にはオートフォーカスや露出、ホワイトバランス、ガンマ値のコントロールが可能となっている。小さなボディではあるが、なかなか本格的な撮影が楽しめそうだ。

印刷に利用するのは水濡れに強く、指紋の跡がつきにくい専用のプリント用紙『4Pass Photo Paper』。クレジットカードサイズかスクエアサイズ、フチの有無を選択可能だ。

本体右上には1.7インチのLCDディスプレイが搭載され、撮影した写真は印刷前に確認できる。失敗写真を無駄にプリントしてしまうのを防げるのはありがたい。

Bluetoothでスマホ向けアプリと連携すれば、スマホで撮影した写真やSNSで見つけたお気に入りの画像などを印刷するプリンターとしても利用できる。アプリ上で写真にフィルターやエフェクトなどの加工を施すことも可能だ。専用アプリはiOS向けとAndroid向けが用意されるとのことだ。

関連サイト

KODAK Mini Shot(KODAK)