トースターの焼き比べができる店。『Toffy 自由が丘』をキングジムが本日オープン

キングジムは、グループ会社「ラドンナ」のキッチン家電シリーズを中心に、同社製品を試しながらショッピングが楽しめる体験型アンテナショップ『Toffy(トフィー)自由が丘』を本日(2017年12月19日)オープンする。

店舗で取り扱っているコーヒーメーカーやトースターなどで来店客自身が調理するスタイルのカフェスペースが併設されるのが最大の特徴だ。

しかもこの店舗で取り扱う商品の約半数は他社からの仕入れ商品で、キッチン家電ではバルミューダやデロンギ、キッチン用品だとストウブ、ダンスクといった人気ブランドの製品が取り揃えられている。つまりここでは、「Toffyのオーブントースターとバルミューダのトースターの焼き加減を比較する」なんてこともできるってわけだ。

カフェで提供されるコーヒーは、スペシャリティコーヒーのパイオニア「堀口珈琲」がToffyコーヒーメーカーに最適化したブレンドの『Toffyブレンド』。エチオピア産スペシャリティ豆を用い、フローラルな香りとフルーツっぽい甘味あるアフターテイストが持ち味だ。個人的にはこの種のコーヒーにしては酸味が少なく飲みやすいテイストだと感じた。このブレンド豆も店頭で購入できるのが嬉しい。

ちなみにトースト用のパンは「ブランジェ浅野屋」のもの。そして食器類は、惜しまれつつも2015年に閉店した広尾「F.O.B COOP」の有田焼レストランサプライシリーズを使用。この食器たちがここで店頭販売されているということにも大きな価値がある。

キングジム初の路面店となる『Toffy自由が丘』、ショップスペースではキングジムのグループ会社「ラドンナ」のキッチン家電、アロマ・ディフューザー、フォトフレーム、「キングジム」のHITOTOKIシリーズ・ガーリー「テプラ」、アスカ商会のアーティフィシャルフラワー(造花)のほか、他社製品のキッチン家電・調理器具ならびに輸入文具・書籍などが販売される。2階のカフェスペースはテーブル5卓10席 カウンター10席。

立地柄、男性客が立ち寄りにくいようにも感じられるが、店舗デザインはユニセックスでなかなかクールなもの。新たな調理家電の購入を検討している料理男子には特にオススメしたい注目ショップだ。

関連サイト

キングジムによるプレスリリース(PR TIMES)