まさに指先サイズ。世界最小を謳う携帯電話『Zanco tiny t1』は小さじ1杯の水より軽い

デジタルガジェットといえば、性能向上や小型・軽量化とは切っても切れない関係にある。そんな中クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場したのは、世界最小を謳う携帯電話『Zanco tiny t1』だ。手のひらサイズどころか、二本指でつまめてしまうほどの大きさには、ただただ驚嘆するしかない。

「親指よりも小さく、コインよりも軽い」が謳い文句の『Zanco tiny t1』。本体サイズは縦46.7×横21×幅12mmで、重量は13g。13gといわれてもピンとこない人も多いだろうが、小さじ1杯(15cc)の水よりも軽いと聞けば、その常識破りっぷりがイメージできるだろう。

そのサイズは極小ながら、NanoサイズのSIMカードを挿入することで通話やテキストの送受信にはきちんと対応。ネットワーク回線には2Gを利用するとのことで、残念ながら該当サービスが終了している日本では利用できない。スタンバイ状態なら3日間の待機が可能で、最大通話可能時間は180分と、その性能は思ったより実用的だ。

また、本体メモリには300件の連絡先、50件のSMSメッセージ、50件の発着信履歴が保存可能で、13種類のボイスチェンジャーなんて変わり種の機能も。

『Zanco tiny t1』は現在も資金調達を継続中であり、クラウドファンディングが成立した際には30ポンド(約4500円)の支援で1つ入手できる。2018年5月の出荷予定で、世界各国への配送に対応している。とは言え、技適を取得する可能性も低いであろうことから、仮に入手できたとしても日本では電波を飛ばさない方が賢明だろう。

関連サイト

Zanco tiny t1(Kickstarter)