手のひらにのる超小型PCも!2018年、このPCがアツい【次に来るモノ50】

【各ジャンルのプロたちが語る2018 次に来るモノ50】

2018年もモノの進化は止まりません。新たな技術、驚きの発想、これまでにないデザインなどによって、必ずや我々を夢中にさせてくれることでしょう。そこでここでは、本誌連載陣が次なるトレンドを、最新50製品とともに大紹介!!

ノートや小型PCも多コア化で高速に!

今のトレンドに、CPUの多コア化による性能向上があります。デスクトップ向けはもちろんですが、第8世代コアCPUでは薄型ノート向けの「Uシリーズ」でも4コアモデルが登場し、性能が大幅にアップ。メインPCとしてもしっかり使えるようになるのがメリットです。

さらに本気で使いたいなら、GPU搭載も見逃せないポイント。小型デスクトップでもVRが楽しめるようになるほか、ノートPCでは支援機能でフィルター処理、CGレンダリングの高速化として活躍してくれます。

また、モバイルや超小型PCも気になるところ。とくに2018年はARMで動くWindows 10が予定されているだけに、こちらのジャンルも目が離せません。

No.1
GPUまで装備した着脱2in1の最高峰

日本マイクロソフト
Surface Book 2
実勢価格:26万2224円

CPUに第8世代となるCore i7、グラフィックにGeForce GTX 1050、メモリー8GB、256GBのSSDを装備したハイスペックノートPC。液晶部分は着脱可能で、タブレットとしても活躍してくれる。さらにメモリーとSSDの容量を増やした上位モデルもラインナップされている。

シーンに合わせて4つのスタイルに変形可能。また手書き用のペンや、ボリューム操作などが楽になるSurface Dialといった周辺機器も便利。本体と同時に購入して活用したい。

 

No.2
Ryzen+GPU搭載の小型ベアボーン

ZOTAC
ZOTAC ZBOX MAGNUS ER51070
実勢価格:16万9700円

CPUに4コアのRyzen 5 1400、GPUにGeForce GTX 1070を採用したベアボーン。Ryzen採用機として珍しいコンパクトなモデルで、ゲームはもちろん、VRまで十分楽しめる実力がある。ベアボーンなのでこれだけではPCとして機能せず、別途ストレージとメモリー、OSを組み込む必要がある。

インテルのCPUが使われることが多い小型ベアボーンとしては珍しく、AMDのRyzenを採用。人と違ったPCが欲しい人に一押し。

 

No.3
5万円台前半で仮想空間が楽しめる!

DELL
Dell Visor with Controllers VRP100
実勢価格:5万3460円

低価格なWindows Mixed Reality対応HMDの中でも、最安値となる製品。モーションコントローラーがセットになっており、仮想空間を見るだけでなく、まるでその中にいるかのように動けるのが面白い。VRが気になっていたけど価格面で諦めていたという人でも、手を出しやすくなった。なお、別途PCは必要となる。

仮想空間内で操作が可能となるコントローラー付き。まるでその世界に自分がいるかのような感覚でプレイできる。

 

No.4

マウスコンピューター
MousePro C100PV
実勢価格:4万0824円

CPUはCeleron N3350。4GBのメモリーと64GBのeMMCを採用したPCで、手のひらに乗るコンパクトなサイズが魅力の1台。性能は高くないが、ブラウザーやオフィスソフトの使用、動画サイトの視聴などで使うのであれば、十分期待に応えてくれる。OSはWindows 10 Proを採用している。

 

No.5

エイサー
ET322QKwmiipx
実勢価格:5万9180円

明るい部分も暗い部分も潰れることなく表現できるHDRに対応しながら、低価格な4K液晶ディスプレイ。31.5型のパネルは視野角の広いVA、さらに映り込みの少ない非光沢タイプなので、PC用としてはもちろん、ゲーム機と接続して使うのにも向く。

 

『デジモノステーション』2018年2月号より抜粋。