運転席はおろかハンドルさえもない自動運転バスが東京23区の公道を初走行!

2017年12月22日、ソフトバンクと三菱地所は、東京都千代田区にて東京23区内の公道では初走行となる自動運転バスの試乗会を実施した。この試乗会は、自動運転の性能・運用の実証とその受容性を検証するためのもの。走行した場所は、交通規制により一般車両の進入がないようにした丸の内仲通りだ。

走行する車両は、ソフトバンクグループのSBドライブが所有する自動運転シャトルバス『NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)』。フランスのNavyaが設計・開発した自動運転専用の電気自動車である。あらかじめ設定したルートの自動走行が可能で、車両周辺の障害物を検出する「LiDAR(レーザースキャナー)」をはじめ、カメラやGPS、各種センサーなどが車体に取り付けられている。それらが自車位置の測位、道路標識・信号と障害物の識別、車両速度や進路方向の検出等を行い、自律走行が可能になっているという。

座席が11席、立席が4席の最大15名が乗車可能だ。

丸の内仲通りのような高層ビルが立ち並ぶ場所だとGPSを正確に利用できないことから、今回の試乗会では主にLiDARを用いた走行であった。

車内のパネルには、あらかじめ設定された走行ルートが表示されていた。

実際に乗ってみると、走行中は静かで意外と乗り心地はがよく、普段利用しているバスとあまり変わらない印象。走行前は周囲に知らせるベルのようなものが鳴るなど、安全性にも配慮されているようだ。

自動運転バスの運行は、運転手不足や路線維持等の交通事業者が抱える課題の解決や、交通弱者の移動を支援する手段の一つとして期待されている。ソフトバンクによれば、今回の都心部での試乗会を通して、自動運転バスの実用化による公共交通の維持・改善につなげていきたいとのことだ。

関連サイト

プレスリリース
NAVYA ARMA