【ds hands on!】ソニッケアー ダイヤモンドクリーン 9000

優れた歯垢除去力とステイン除去。
歯磨き管理も可能な電動歯ブラシ

フィリップス
ソニッケアー
ダイヤモンドクリーン 9000

実勢価格:2万7000円

12年連続で日本の歯科医・歯科衛生士の使用率がナンバーワンを誇るソニッケアー。新モデルとなる本製品は、同シリーズの最上位モデルのパワフルなブラッシング性能はそのままに求めやすい価格となったエントリーモデルだ。実際に約3週間試してみた。

 

4つのモードと3段階の強さ設定でしっかり磨き上げる

モードは基本となる「クリーン」、ステインを落とし磨き上げる「ホワイトプラス」、歯垢を落とし歯茎に優しい刺激を与える「ガムヘルス」、心地よい振動で歯垢をしっかり除去する「ディープクリーンプラス」の4つを搭載。ブラッシングの強さは弱・中・強の3段階から選択が可能。

絶妙な握り心地が心地よい。ブラシヘッドにはマイクロチップを内蔵しブラシヘッドの種類認識と、最適なモード・強さへ自動設定を行う。(プレミアムクリーンブラシヘッド以外は別売)カラーはピンクの他にホワイトを用意。

 

適切なブラッシングへ「ソニッケアーアプリが導く」


ハンドルとアプリがBluetoothでペアリングし磨いた回数や時間、ブラッシングの強さなどを記録する。歯磨きの際にはスマホを逐一持っていかなくても、時間があるときにアプリを開けば、ハンドルで記録した内容が反映されており確認できる仕様。ブラシヘッドの交換時期を詳細に教えてくれる点も便利だ。

手磨きと比較して最大10倍の歯垢除去力を持つパワフルさ


付属のプレミアムクリーンブラシヘッドは毎分約31,000回の高速振動で毛先の揺れ幅が大きく、歯に触れる面積が今までよりも4倍に向上。歯垢は手磨きの最大10倍、ステインは3日間で最大2倍も除去可能。使用後は口内に爽快感が満ち、歯表面がツルツルになるので非常に心地よい。

専用のトラベルケース&グラスでスマートに充電可能


トラベルケースは背後にUSBケーブルが付属されており、出張先やオフィスでもパソコンからすっきりと充電ができる。グラスは充電台にしつつ、歯磨き後に口内をゆすぐ時にも使える。一度の満充電で約2週間使用可能。

唯一無二の爽快な磨き上がりで、良いとこ取りのエントリーモデル

ダイヤモンドクリーン9000(以下:9000)の大きな魅力は、最上位シリーズのパワフルさと使いやすさはそのままに手の出しやすい価格設定がなされている点だ。最上位のダイヤモンドクリーンスマート(以下:スマート)と比べると、まず舌磨きモードが無く付属するブラシヘッドが4本から1本になっている。また専用アプリではリアルタイムブラッシングガイド、目標設定、磨き残しエリアの通知といたった機能が搭載されていない。しかしながら高速振動による高い洗浄能力や、優秀な過圧防止センサーなどの基本性能は踏襲されておりこれまでスマートを愛用していた筆者としても、共通のプレミアムクリーンブラシヘッドを用いての磨き上がりでは過不足を全く感じなかった。9000使用中のブラシヘッドがしっかりと歯を包み込む感覚、ゆすいだ後の口内の爽やかさと歯表面を舌先がつるりと滑る絶妙な仕上がりは唯一無二であり毎回感動する。
アプリでは、筆者お気に入りのリアルタイムで歯磨きを解説してくれるブラッシングガイド機能こそ使えないものの(スマートには搭載)磨いた回数や時間、ブラッシングの強さを自動で記録してくれるため空いた時間にチェックすると発見が多く興味深かった。自分ではしっかりと磨けているつもりでも時間が足りていなかったり、力加減に過不足がある日が最初のうちは大抵存在する。しかしそれが可視化され認知できると、ブラッシングの質はどんどん向上し、毎日の歯磨きのモチベーションにも繋がっていった。日本の桜をイメージしたと言うユニセックスなピンク色と、エレガントなデザインも目に入るたび心が躍る。
健康な天然の歯は将来的な観点で見ると1本につき100万円ほどの価値があると言う。永久歯は親知らずを除き通常28本のため、人間は口内に約2800万円ものお宝を持っていることになる。資産的な観点以外でも、タレントという職業柄、口元の印象は見た目年齢を大きく左右すると痛感している。だからこそ最適な口腔ケアは必須だ。電動歯ブラシの初心者にも是非トライしてみて欲しいエントリーモデルだ。


text : 奈津子
photo : 下城英悟(GREEN HOUSE)

家電アドバイザー・タレント
奈津子
家電をこよなく愛するタレント。数々のレビュー執筆やメディア出演を行う。Instagramは「natsuko_kaden」。「開運!なんでも鑑定団」に出演中。