小粒だけれどキラッと光る!インディーゲームってなんだ?

尖った個性がキラリと光る独創的なタイトル群に注目

大手スタジオによるAAAタイトルが続々とリリースされる一方、ここ数年、「インディーゲーム」が注目を集めている。

インディーゲームとは、個人や小規模なスタジオが手掛けるタイトルのこと。開発人数が少ない分、尖った個性、独創的なアイデアが発揮されることが多く、中には『Minecraft』のように世界的大ヒットとなったインディーゲームも存在する。ハリウッドのブロックバスター映画に対するミニシアター系作品を想像すると、わかりやすいかもしれない。

作り手が初期衝動をぶつけるため粗削りなゲームも多いが、それも味のひとつ。そのいびつさも、きっと愛おしく思えてくるはずだ。

インディーゲームって何?
インディーゲームとは、個人や小規模のスタジオが開発したタイトルのこと。少人数で制作するため、個性的な作品が生まれやすい。STEAMなどの海外大手PCゲーム販売サイトで購入できるほか、家庭用ゲーム機(PS4、Switch)向けソフトも多数。

 

ソニー・ミュージックが新レーベル「UNTIES(アンティーズ)」を発足!


インディーゲームに注目が集まるなか、2017年10月、ソニー・ミュージックエンタテインメントは、インディーゲーム専門のパブリッシング事業を発足。キラリと光るゲームを発掘し、作り手の活動を支援すると共に多くのユーザーへタイトルを届けるための活動を展開していくそうだ。

ソニー・ミュージックが何故ゲーム?その理由をUNTIESの担当者に聞いてみた
アーティストを見つけ、コンテンツを一緒に育てていくノウハウがソニー・ミュージックの強みです。これをゲームでも提供できるのでは? という発想を持ったのがきっかけですね。(UNTIES)
大ヒットしたスマホ用音楽ゲーム『DEEMO』を3D&VR化するプロジェクト『DEEMO -Reborn-(仮)』も進行中とのことだ。

 

UNTIESリリース第1弾はこのタイトル!
TINY METAL(タイニーメタル)


戦略シミュレーション(PS4/Switch/PC)

UNTIESからのリリース第1弾タイトルは、往年のターン制ストラテジーゲームと最新の3Dグラフィックが融合した戦略SLG。ライフルマンや戦闘機など15種を超えるユニットを指揮し、それぞれの特性を活かして戦場を駆けめぐろう。

側面や背後からの攻撃、レーダーによる索敵、複数のユニットによる一斉攻撃など奥深い戦略性が味わえる。

ストーリーモードでは若き将校ネイサンとして仲間とともに戦地へ赴く。20時間以上たっぷり遊び尽くせる。

 

東方Projectのファンゲームも登場!
不思議の幻想郷TOD-RELOADED-


ダンジョン探索RPG(Switch)

人気同人ゲーム「東方Project」を題材にした二次創作ゲーム。ランダム生成型のダンジョンを探索していくローグライクのRPGだ。PS4版が他社から発売されているが、Switch版はUNTIESがリリース。1月10日まで新キャラの比那名居天子が無料でダウンロードできる。

遊ぶたびにダンジョンの構造が落ちているアイテムが変化。何度でも楽しむことができる。

「東方」キャラが120人以上登場。アドベンチャーパートはフルボイス!

 

面白いインディーゲームはまだまだ! 編集部注目のタイトルはコレ

ここからは、編集部がおすすめするインディーゲーム3タイトルを新旧取り交ぜて紹介しよう。

とにかくインパクトのある体験をしたいなら、ヘンテコRPG『UNDERTALE』がイチ押し。ストーリー重視派はサスペンスアドベンチャー『GET EVEN』、美しくも残酷なアクションを楽しむなら『INSIDE』をぜひプレイしてほしい。

どれも比較的短時間でクリアでき、価格も抑えめなので「大作ゲームを遊ぶ時間もお金もなくて……」という人にもぴったりだ。お気に入りの1本が見つかれば、あとはインディーの深い沼に飲み込まれるだけ!

日本のゲームを愛するクリエイターがひとりで制作。心をわしづかみにするヘンテコRPG
UNDERTALE

RPG PS4/PS Vita(クロスバイ対応):1620円(税込)
Steam(PC/Mac/Linux):980円(税込)
発売:ハチノヨン

開発者のトビー・フォックス氏がほぼひとりで制作し、世界的大ヒットとなったRPG。バトル中の選択次第では、モンスターの心をつかみ、戦闘を回避することも可能。誰も傷つけなくていい、優しい世界がそこにある。情報なしでプレイしたほうが楽しいので、ピンと来たらぜひ!

モンスターが暮らす地底の世界に落ちてしまったニンゲンの子。無事に地上に帰れるか、それとも……?

バトル時に取れる行動は、モンスターによって異なる。うまく説得すれば、戦わずにすむ。

Point
■誰も死ななくていいやさしいRPG
■日本のゲームへの愛とリスペクトがたっぷり
■イヌがいっぱい!ナデナデできるよ

 

古びた精神病院、失われた記憶…謎が謎を呼ぶサスペンスアドベンチャー
GET EVEN

一人称スリラーADV
PS4/Steam(PC):2778円+税

ポーランドのスタジオThe Farm 51によるサスペンスアドベンチャー。プレイヤーは記憶を失った殺し屋ブラックとなり、 自分の過去を追体験しながら、記憶の断片を集めていく。探索中、敵に襲われた時は銃や体術で迎撃。ただし、人を殺めすぎると記憶に支障が出るかもしれない……?

監禁された少女を助けるため、廃墟に乗り込んだものの記憶を失った主人公。果たして少女は誰なのか。記憶をめぐる探索が始まる。

ブラックが目を覚ましたのは精神病院。スマートフォンの機能を駆使して謎を解いたり、敵を回避したりしながら、記憶を追体験する。

Point
■海外ドラマのようにスリリングな展開!
■臨場感を追求したCG&サウンド
■探索とFPSを融合したシステム

 

その命の軽さが、痛くて切ない。美しくも残酷な名作アクション
INSIDE

アクション
PS4:2200円(税込)

前作『LIMBO』も大ヒット、デンマークのスタジオPlaydeadによるアクションアドベンチャー。何かに追われる少年は、いつしか闇のプロジェクトの中枢へ。さっくり命を落とす「死にゲー」だが、その死にも深い意味がある。歯ごたえのあるゲーム性と芸術性を両立した、比類なき名作がここに。

ストーリーを説明するテキストもなければ、UI表示もない。だからこそ、プレイヤーごとにさまざまな解釈が生まれる作品だ。

操作は移動、ジャンプ、アクションのみ。限られた行動を組み合わせながら、謎とギミックに満ちあふれた研究施設内を進んでいく。

『デジモノステーション』2018年2月号より抜粋。

(C)Rayark Inc. DEEMO(R)
Published by Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
(C)2017 AREA 35, Inc. / (C)2017 HIROAKI YURA. All rights reserved. Published by Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
(C)上海アリス幻樂団 (C)2017 AQUA STYLE
Published by Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
UNDERTALE (C)Toby Fox 2015-2017. All rights reserved.
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Europe S.A.S developed by The Farm 51 Group S.A. All rights reserved.
(C) 2016 Playdead. All rights reserved.