目指すは月収5万円UP!初心者でもできる副業7選【ダブルワーク活用術】

【2018年は副業で稼ぐ 月収5万円UP!ダブルワーク活用術】

盛り上がりを見せる「働き方改革」や「副業」というキーワード。ビジネスパーソンのライフスタイルが変化を遂げつつある中、この波に乗り遅れるわけにはいかない。そんな人に、副業で稼ぐだけでなく、スキルアップの手段も身につく方法をご紹介!

編集部厳選!2018年はこれで稼ぐ 副業リスト

副業が解禁される企業もどんどん増えてきているが、解禁されたところで実際に何をすればいいのかわからない、という方々も多いのではないだろうか? とはいえ、多くの人は隙間時間をなんとかお金に変えたいと思っているはず。という訳で、ここでは現実的に稼げる、初心者でも始められる副業7つを編集部で厳選した。

Crowdsourcing/クラウドソーシング
ネットで企業から仕事を受託

期待月収 1-5万円UP

あらゆる企業ニーズがネット上で公募されている

クラウドソーシングとはインターネット上で企業が出した仕事依頼に対し、個人が業務を請け負う働き方だ。業務はアンケート回答などの単純作業から、会社で実際に使用されるシステムの開発まで多岐にわたり、報酬も数百円から数百万まで幅広い。

自分にできる仕事から始めよう

まずは、業界最大手の「ランサーズ」や「クラウドワークス」に登録しよう。登録に必要なのはメールアドレスだけ。登録後はまずプロフィールを充実させておくことが大事だ。自己紹介、自分の持つスキル、経歴などを入力する。あとは仕事を探して、スタンバイするだけ。


ランサーズ
仕事の依頼件数は170万以上の業界最大手。無料で登録でき、会員料等は一切なし。報酬は未払いトラブルを防ぐ仮払式、不適切な依頼を防ぐためのモニタリング体制が強化される等、安心して働ける環境作りにも力を入れている。

 

UberEATS/ウーバーイーツ
自転車一台で気軽にスタート

期待月収 1-5万円UP

休日にサイクリングがてらお小遣い稼ぎができる

従業員ではない一般人がレストラン等の料理の配達を行うのがUberEATSだ。好きな時間や場所で配達の仕事ができる。アルバイトなどのようにシフトに縛られず働くことができるが、配達元の店と配達先両方に評価されることを忘れず丁寧な仕事を心掛けよう。

配達指示は見落とさないようにしよう

自転車とスマホがあれば始められる。配達員登録を済ませ、配達員用アプリをダウンロードする。配達用のバックは貸出してもらえるが制服は各自用意しなくてはならない。清潔感のある、動きやすい服装を心がけよう。アプリをオンラインにしておくと配達指示が入る仕組みだ。


配達パートナー
まずは公式サイトから登録を行う。必要な情報は名前や電話番号といったシンプルなもの。その後、配達員用アプリをダウンロードし身分証のアップロード等を行う。登録後は説明会に行く必要があり、そこで詳細を聞こう。

 

ShareBusiness/シェアビジネス
使わない土地や車を他人にシェアする

期待月収 5-10万円UP

使わない場所、モノなどを他人にレンタルするだけ

「余った財産」を人に貸し出すことで収入を得られる。今年話題になった「民泊」は使っていない部屋を宿泊先を探す人に提供するサービスだ。駐車場をシェアする「軒先パーキング」、車をシェアする「Anica」など個人が使わなくなったものを気軽にシェアできる。

必要なものは「余った財産」

始めようと思うサービスによって異なるが大まかに「人に貸せる価値があるもの」がまず必要になる。貸出す前に掃除やリフォームが必要となることもあるだろう。貸出時間を把握しておくことも大事だ。民泊は営業するために地方自治体の許可が必要となるなどハードルが高い。


軒先パーキング
家の駐車場を空いている時間だけ貸し出しできるサービス。初期費用などは一切かからず1時間単位で貸し出し可能。オンライン決済なので集金の必要はない。駐車場を利用する車は対物保険加入を義務付けているのも安心。

 

Net Auction/オークションサイト
モノを売り買いして小遣い稼ぎ

期待月収 3-20万円UP

どんなものを売るのか情報量が物を言う

基本的にはいらないものを欲しい人に買ってもらうことで収入を得るものだが、転売目的で安く買ったものを高く売る、いわゆる「せどり」という稼ぎ方も主流だ。売る側が金額を設定できる「メルカリ」などのフリマアプリが人気急上昇中。気軽に利用できるのがメリット。

まずはいらないものを売るところから

まずは自分が使いやすいと感じたサイトを選び、いらないものを売ってみよう。商品説明の文を工夫したり、商品写真をうまく撮るのが大事だ。梱包を丁寧にすることで入札者からの評価も高まる。慣れてきたら自分の得意分野でせどりに挑戦すれば収入アップも期待できる。


メルカリ
会員登録・月会費・カード手数料ナシで使える人気急上昇中のアプリサイト。スマホで撮影・出品できる気軽さから、さまざまなアイテムが集まっている。毎日数十万品以上の新商品が出品されるというのは魅力だ。

 

One Tap BUY/ワンタップバイ
1000円から株が買える スマホ証券取引

期待月収 1-10万円UP

気軽に株取引を始める スマホで1000円から開始

1000円から株式投資を始められるスマホ専業証券会社。一般の証券会社では基本的に単元株ごとの購入しかできないためある程度元手が必要だが、One Tap Buyは1000円から1000円単位で株を購入することができる。24時間取引が可能なのも会社員には嬉しい。

口座開設ができればワンタップで株主に

まずは、インターネット上から口座開設しよう。身分証明書の画像を送信する必要がある。アプリをダウンロードし、入金が完了されれば取引可能。みずほ銀行の口座を持っていればそのまま口座の金額を売買に利用できる。株式投資なのでもちろん損をする可能性もある。


One Tap BUY
取り扱い株はもちろん一般の証券会社に比べて少ないが、大手優良企業ばかりなので初心者が株式投資を始める場としてリスクが少ないといえる。経験者からしても買いたくても買えなかった会社の株主になれるのは魅力的だ。

 

YouTuber/ユーチューバー
ジャパンドリームも望める 副業の星

期待月収 1-∞万円UP

目指せピコ太郎!動画制作で一攫千金

動画サイト「YouTube」上に動画をアップし、広告収入を得るユーチューバー。人気がでれば他の副業とは桁違いの収入を得ることも可能だが、ユーチューバーの数自体も飽和状態といえる今、その中から人気を獲得していくためには工夫が必要だ。

センスと動画編集能力は必須

面白い動画を作れるセンスや動画編集能力が前提として必要。YouTubeに動画を投稿するためにはまずGoogleアカウントが必要になる。あとはスマホがあれば動画投稿できるが、三脚、動画編集ソフト、動画編集できるパソコンなどを利用することでより質を上げられる。


YouTube
世界で最も有名な動画サイト。広告収入を得るためには「YouTubeパートナープログラム」に参加する必要がある。4月の改定でチャンネル内の合計再生数が1万に満たない場合は広告が非表示に。まずは1万再生を目指そう。

 

Drop Shipping/ドロップシッピング
ネットショップオーナーになる

期待月収 1-5万円UP

サイト集客が一番のキモ ネットで売れるものを探そう

気軽にネットショップのオーナーになれ、商品が売れた場合の利益がもらえるサービス。商品の仕入、梱包、発送は企業が行ってくれるが、販売する商品の選定、ネットショップの作成、運用は自分で行わなければならない。サイト集客のための広告費も自己負担になる。

稼げる商品を見つけ出すセンスが必要となる

会員登録後は商品を選定し、早速ネットショップを作成してみよう。サイトに集客するためには広告を配信する必要があるが、商品の利益額によっては赤字になってしまう可能性があるので注意が必要だ。売れるだけでなく利益も見込める商品を選ぶのが一番のポイント。


もしもドロップシッピン
取り扱い商品数は40万点以上。「ショップできすぎくん」機能を使えば簡単な設定をするだけでネットショップを作成してくれる。サイト作成後の商品画像の撮り方や集客の仕方などのノウハウも無料で提供してくれている。

『デジモノステーション』2018年2月号より抜粋。