便利過ぎてデリバリー中毒必至 あらゆる食事をUber Eats!

ネガティブな話題もあるけれど、使ってみたら絶対便利なUber Eats(ウーバーイーツ)。スマホで食べたい物を選べば、家まで届けてくれるって想像以上に便利。

Merit
電話をかけなくていい
お腹が空いて出前の電話をかけても話し中で通じないってことはなし。スマホで注文だから、誰とも話さず完了できる。

Merit
選べるお店が豊富
アプリで選べれば、普段は行かないお店やレストランでもデリバリー可能。いつものそば屋以外の選択肢が欲しかった!

Merit
料金は電子決済OK
クレジットカードやLINE PayにPayPayも対応。一切現金のやり取りをしない安心・安全さも大きなメリット。


某日、撮影中に“本日の昼食をどうするのか問題”が勃発! じゃあデリバリーでいいんじゃない、ということで「Uber Eats」のアプリを登録し注文することに。現場の住所から配達可能な店舗が表示され、みんな「おれ中華」「私はピザ」「ハンバーガー!」と口々に勝手な注文。だけど1オーダーにつき配達可能なのは1店舗のみ。じゃあ、ってことで滅多に頼まない台湾料理をチョイス。スマホでピッと入力しただけで、40分後にはしっかりと料理が届いた。

頼んでみてわかったのは、配達人の位置情報がスマホでわかること。電子決済しておけば、配達人と一切接触せずに料理を置いていってくれること。その通知がしっかりスマホに表示されることだ。「そば屋の出前」みたいに、いつ届くのか不安を感じながら待たなくていい。いや便利、本当に便利。

たしかに配送手数料は取られるが、新たな生活様式が求められる昨今に適したサービスだ。これなら今まで店構えのせいで入りづらかった店舗にもチャレンジできるだろう。

START!

  • まずアプリを立ち上げたら、現在地の情報を入力する。これだけで配達可能な店舗のリストがずらっとアプリに表示される。
  • 「検索」カテゴリからファーストフード、韓国料理、中華料理、タイ料理、ピザといったジャンル別に探すことも可能だ。店舗ごとに配達時間、配送手数料が表示されており、その評価も閲覧できる。
  • メニューを選んだら、配達方式を選択。
  • 電子決済しておけば、「玄関先に置く」で配達人と会うことなく料理を届けてくれる。
  • 注文を完了すれば、配達人が店舗から料理を受け取るとスマホにアラートがあり、
  • 移動中の位置情報を確認できるように。あと◯分と表示されるので安心だ。電話番号を登録するので配達人が迷った場合も丁寧に連絡してくれる。
  • 玄関先に置く場合もアラートが届くので、置きっぱなしにはならない。領収書も登録メールに届き、
  • 最終的に配達人のサービスを評価できる。マナーの悪い配達人が増えないための仕組みとしても、ここは正直に選択することが重要だ。

キャッシュレスで自由にデリバリー!

今回頼んだのは、麺線×2、とうもろこしとスペアリブ、魯肉飯×3、豚角煮バーガー、シークヮーサージュース、タピオカロイヤルミルクティー、台湾アップルソーダ。金額は8310円と少し割高とはいえ、店舗でないと食べられない料理がズラッと並ぶのは壮観。中には初めての台湾料理という人もいて、みんなでワイワイ食事ができた。

アプリで決済可能な
デリバリーサービスは他にもある

dデリバリー

  • NTTドコモが提供するデリバリーサービス。取り扱い店舗は約1万1000店で、「dポイント」や「ドコモケータイ払い」にも対応。

出前館

  • 登録店舗数は2万店以上。さまざまなPayやクレジットカードだけでなく、Tポイントも使える。送料無料の店舗も多い。

楽天デリバリー

  • 出前注文で楽天スーパーポイントがたまる。登録店舗数は1万20000店以上で、飲料やお米だけの配達も可能だ
  • text三宅隆
  • photo下城英悟(GREEN HOUSE)