微妙~なスペックアップ、だが嬉しい。UQモバイルの『Arrows M04 PREMIUM』を試してみたら

UQモバイルが2017年の秋冬ラインアップとして発売した『Arrows M04 PREMIUM』は、多くのMVNOを通じて販売されている富士通製ミドルレンジ端末『Arrows M04』のメモリ周りを強化したAndroidスマートフォンだ。

外観や基本スペックのほとんどがベース機と同等ながら、しばらく使ってみるとピンポイントな強化ポイントが“じわじわと効いてくる”のがわかる。

光沢ある赤い本体色がプレミアムの証

『Arrows M04』の基本カラーはホワイトとブラック。事業者によってブルーやゴールド、グリーンといった限定カラバリが存在するものの、レッドが用意されるのはUQモバイルの『Arrows M04 PREMIUM』のみ。ややメタリックがかった高級感ある仕上がりは好感触だ。

増量されたストレージとメインメモリ

ベースモデルではROM(ストレージ)16GB/RAM(メインメモリ)2GBとされていたが、『Arrows M04 PREMIUM』ではそれぞれ32GB/3GBまで増量。

静止画はもちろん、動画の撮影も日常化した昨今のスマートフォンでは、データの保存領域となるストレージ容量の重要性はますます高まっている。ユーザーによっては、旧端末からのデータ移行だけでストレージがいっぱいになることだってあるだろう。当然SDカードによる増設は可能ではあるものの、アクセス速度などの観点からも本体ストレージが大きければ心強い。そういう意味でベース機から一気に倍増した32GBの記憶容量は頼もしい限りだ。

またプロセッサが同一とはいえ、メインメモリが増えたことによる処理速度への恩恵は大きい。大量のアプリを起動するケースや、処理が重いゲームアプリの使用時など、なにかと大量のメモリ容量を必要とする場面は多いもの。しかもストレージと違ってSDカードのような後付けで追加することができないため、スマートフォン選びでは重要視したいポイントのひとつなのだ。

待受/通話時間は微妙にダウン

富士通が公開しているスペック(Arrows M04 PREMIUMArrows M04)を見比べてみると、実はメモリ以外に差異が見受けられる箇所がある。それが「連続待受時間」と「連続通話時間」だ。しかも『Arrows M04 PREMIUM』は若干だがスペックダウンしている。

もっとも、連続通話時間では10~30分程度の違い。毎日充電することを考えれば、連続待受時間も実用面に支障が出るレベルの数値ではない。このあたりは日常的な利用においてそこまで気にかける問題ではないだろう。ちなみに端末の充電に用いるUSB端子はどちらもmicroUSB。最新のUSB Type-Cではないのがちょっとだけ残念なところだ。

それにしても、「だいたいどれを買っても同じでしょ?」と思われがちなミドルレンジ級のスマホ端末。カラバリ以外の細かなスペックに違いのある派生モデルが出るというのは珍しい事例と言えるだろう。ややマニアックではあるが、試用している間はスペシャルな一台としてけっこう愛着が湧いたものだ。

関連サイト

arrows M04 PREMIUM(UQmobile)