フルマラソン2時間0分25秒!ナイキの前人未到マラソンシューズに日本限定カラー追加

これまでのレーシングシューズの常識を覆す、厚底ソールがインパクト大なナイキの『ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート』。フルマラソンで2時間を切るというチャレンジ「Breaking2」のために開発され、このシューズを着用したケニアのエリウド・キプチョゲ選手が2時間00分25秒の前人未到の記録を打ち立てた、まさにレコードブレーカーとも呼べる一足だ。

そんな『ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート』の日本限定カラーが数量限定で2018年2月3日に発売される。本気のアスリートはもちろん、スニーカーマニアにとっても気になる限定モデルではないだろうか。

『ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート』は前足部のソール厚が21mm、踵の部分も大きく張り出した形状になっているのが特徴だ。これにより高いクッショニング性能と推進力を実現、そしてアキレス腱への負担を最低限に抑えているという。真上から見た際にヒールが後方へと鋭角に突出しているのも、究極の空力学性能を目指したゆえのデザイン。

この限定カラーモデルは一部量販店で販売されるとともに、発売日と同日の2018年2月3日に夢の島陸上競技場で実施されるタイムトライアル「NIKE ZOOM VAPORFLY ELITE CHALLENGE」で勝ち残ることでも購入権が得られるのだという。ちなみに価格は5万9400円(税込み)。サイズ展開は24cm、25cm、26cm、27cm、28cm、29cmとなり、ハーフサイズは用意されないということだ。

関連サイト

Nike.com (JP)