トラベルプロデューサー・堀真菜実の
本当は教えたくない魅惑のニッポン秘境ガイド

水の都、島原。火山がもたらす恵みを紡ぐ町。

「水の都」と聞くと、イタリアのヴェネチアを思い浮かべる人が多いだろう。しかし、ここニッポンにも、古き良き「水の都」があることをご存知だろうか。

今回の舞台は、長崎県島原市。島原、と聞いてまず思い浮かんだのは、歴史上の「島原の乱」だった。江戸時代にキリシタン文化が栄えた場所だったなあ、くらいのイメージをぼんやりと持って町を訪れ、水とともに生きる人々に心打たれた。

古くから火山活動の影響を受けるこの地域は、1792年の雲仙岳噴火による地殻変動で、町のあちこちから地下水が湧出するようになった。現在、市内にはおよそ60箇所の湧水スポットがあるーー道端にはもちろん、スーパーマーケットの前、あるいはアーケード街の中にまで。地元の人が頻繁に立ち寄り、調理用にタンクで持ち帰ったり、仕事前にボトルに汲んで行ったりする姿が印象的だ。島原の人にとって湧水は、観光向けの特別なものではなく、暮らしの一部なのだ。もし島原へ足を運んだなら、五感で湧水 を堪能するのがこの土地らしい楽しみ方だ。

ミネラルを適度に含む島原の水は、環境庁の”名水百選”にも選ばれ、美味しいと評判。

五感で味わう 島原流湧水の巡り方

飲むだけでなく料理でも味わう

島原の水は甘みがある軟水で、湧きたてを飲んで美味しいのは言うまでもないが、湧水を使った料理の味も一段と引き立つ。例えば、湧水で炊いたお米は格別だ。湧水スイーツ「かんざらし」も外せない。黄金色のシロップに小ぶりの白玉が浮かぶシンプルなデザートながら、生地にもシロップにも湧水を用いた、島原ならではの逸品だ。

元祖かんざらしのお店「銀水」にて。お店によって食感や蜜の味が違うので食べ比べてみても◎

湧水路が作り出す町並みを眺める

特に湧出量の多い市の中心街は、「鯉の泳ぐまち」とも呼ばれ、その名の通り、張り巡らされた水路に色鮮やかな鯉がいきいきと泳ぐ。また、かつて城下町であった島原には武家屋敷が残るエリアがあり、当時の水路も美しく保たれている。江戸時代にタイムスリップしたような風情だ。市内のどこを歩いても湧水が景観に溶け込んでおり、住民が水に関わるものをいかに大切にしてきたかが感じ取れる。

道を歩く横をゆったりと泳いでいく鯉の存在は、地元の子供たちにも親しまれている。

せせらぎを聞き水の香りを嗅ぐ

明治後期に建設された「湧水庭園 四明荘」は、1日に3000トンもの湧出量のある池を生かした庭園が特徴だ。屋敷の二面が池の上に張り出した造りで、縁側に腰掛けると真下に池が広がる。水があまりに透明なため「鯉が宙に浮いている」と海外でも話題になったとか。豊かな湧水のせせらぎと澄んだ水の香りにも癒やされる。

淀みなく水が流れる庭園側からの景色も圧巻。
マイナスイオン溢れる、旅の休息スポットだ。

温泉を通じて身体中で触れる

湧くのは水だけではない。天然の炭酸ガスを含む良質な温泉も豊富な島原。足湯、インフィニティ温泉、体中にシュワシュワと炭酸泡がつく高濃度炭酸泉などから、お気に入りを見つけたい。

有明海に上る朝日を見ながら温泉を楽しめる老舗ホテルの南風楼は、家族旅行にも好評。

私が最も驚いたのが、今なお残る、共同の”洗い場”の存在だ。湧水が溢れる洗い場には、水を大切に使うためのしきたりがあり、「食品」「洗濯」など用途に応じて区画分けがなされる。近隣の住民はこれを守りながら、水を通して緩やかに繋がっているようだ。

実際に歩いてみて感じた島原の魅力は、単にその豊かな湧水量でなく、町を歩くだけで人々の日常の心が伝わってくることだった。火山の恩恵を丁寧に紡ぐ生活様式に触れ、湧水のマイナスイオンを浴びて、身も心も澄み渡る。きらびやかな観光地とは違った、繊細な感動の連続だ。

半島沿線を走る島原鉄道。海と田園風景を眺めながら、ローカル列車で旅を締める。

さらに、島原をより楽しみたいなら、住民の日常の足でもある島原鉄道でのアクセスがおすすめだ。「日本一海に近い駅」大三東駅のホームは、柵一つ無く、まるで電車が海上を走っているような錯覚に陥る。

一段と暑くなる季節。湧水溢れる「水の都」に涼みに行かれてはいかがだろう?

 

 

 

 

 

 

 

宿泊 ・ 体験したい方はこちら :

島原温泉 ホテル 南風楼(なんぷうろう)
〒 855-0802
長崎県島原市弁天町2-7331-1
☎ 0957-62-5111
https://www.nampuro.com/


text : 堀真菜実
新しい旅を作るトラベルプロデューサー。弾丸世界一周、廃校キャンプなど手掛けるツアーは即日満席。観光局・自治体へのコンサルティングやメディア出演で活躍中。