任天堂の新製品はダンボール?『Nintendo Labo』は、2018年に一大旋風を巻き起こすこと間違いなし!

さまざまな企業がVR(ヴァーチャル・リアリティ)や、3D技術などの最先端の技術を使った製品を開発する中、本日2018年1月18日に任天堂より発表された新製品が世間を騒がせている。

その製品とは、「ダンボール」だ。

『Nintendo Labo』と名付けられたこの製品は、ダンボール製の工作キットを組み立てて「Toy-Con(トイコン)」と呼ばれるコントローラーを自分の手で作り上げ、そして『Nintendo Switch』と合体させて遊ぶアイテムだ。

「リモコンカー」「つり」「おうち」「バイク」「ピアノ」など、5種類のToy-Conが作れる『Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit(バラエティキット)』(税別6980円)、Toy-Conを自分の身体に装着し、ロボットのようになれる『Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit(ロボットキット)』(税別7980円)の2種類が、2018年4月20日から販売される。

それぞれのキットには、ダンボールシートや輪ゴム、ヒモのほかに、専用のNintendo Switchソフトが同梱されており、ローテクとハイテクを組み合わせて遊ぶところが新しい。

さらに別売りの『Nintendo Labo デコるセット』(税別980円)を使って、シールを貼ったり、ステンシルシートを使って文字を書いたりして、自分だけのコントローラーを作ることも。素材がダンボールだからこそ、こうしたアレンジができるのが面白い。

販売開始は4月20日からだが、いち早く『Nintendo Labo』を体験できる親子向けイベント「Nintendo Labo Camp」が2月中旬に開催されるとのこと。詳しい日時などは公式サイトで確認されたし。エントリーは2018年1月31日が締め切りなのでお早めに。

一般的なゲームで遊ぶのとは違い、自分で作ることにより仕組みが分かる、そんな工作的な楽しみがありそうな『Nintendo Labo』。親子で一緒に組み立てるのも盛り上がりそうだ。まだ全貌は明らかになっていないが、続報に期待しよう。

関連サイト

Nintendo Labo Nintendo Switch 任天堂