コストコの巨大2kg豚ひき肉塊✕パナソニック「ビストロ」で超お得な簡単1週間レシピ(7日+α)を作ってみた!

様々な調理家電の中でも、最も多彩な調理ができるのがスチームオーブンレンジだ。レンジ加熱による温め調理はもちろんのこと、グリルやオーブンによる焼き調理、スチームによる蒸し調理など、様々なことできる。そこで今回はパナソニックの「ビストロ NE-BS2700」を使って、一週間分の料理づくりに挑戦した。しかも今回は、メイン食材をコストコの豚ひき肉約2kgに限定した。この量で価格は1500円程度と非常に安い。豚ひき肉はお財布にもやさしい食材なのだ。

パナソニック スチームオーブンレンジ「ビストロ」 NE-BS2700 実勢価格17万6000円
コストコで売られている豚ひき肉。このときはグラム69円で、2kg超が1479円で購入できた。

今回利用する「ビストロ NE-BS2700」は庫内天面に「大火力極め焼きヒーター」を搭載するスチームオーブンレンジ。グリル皿に載せた食材は、ヒーターとレンジ加熱により短時間でグリル調理ができる。また、食材を耐熱ボウルに入れるだけの「ワンボウルメニュー」を多彩に搭載しており、お手軽にほったらかし調理ができる。

ビストロ調理でのマストアイテム

実際にレシピを紹介する前にビストロを使って料理をするときに欠かせないアイテムと調味料を紹介しよう。まず、欠かせないのが25cmサイズの耐熱ガラスボウル。ビストロの特徴である「ワンボウルメニュー」はこのガラスボウルを使って加熱する。

そして調味料の数々だ。特に豚のひき肉は中華料理レシピで使われることが多いため、醤油、酒、みりんといった基本調味料に加えて、生姜、にんにく、オイスターソースを使うことが多い。バリエーション豊かな料理を作るためにはこれらは必須だ。なお、にんにくや生姜は生のものを使うのがベストだが、今回は全てチューブを使っている。風味づけならそれでも十分だ。後はメニューに合わせて必要なその他の食材を揃えて調理しよう。

ガラスボウルと基本的な調味料の数々。ガラスボウルはiwaki製(実勢価格 680円)

レシピ.1「マーボー厚揚げ」

通常の麻婆豆腐よりも食感をしっかりさせるために厚揚げを使ったマーボー厚揚げ。オートメニューの「ワンボウル中華」に「麻婆豆腐」があるため、そのレシピの応用で作れる。さらに味噌によるマイルドさをプラス。豆板醤の量で辛さの調整も可能だ。

<材料>
厚揚げ 300g
豚ひき肉 150g
長ネギ 1/2本
豆板醤 大さじ1
甜麺醤 大さじ1/2
味噌 大さじ1/2
醤油 大さじ1/2
みりん 大さじ1/2
砂糖 大さじ1/2
鶏ガラスープの元 大さじ1/2
みじん切りにんにく 小さじ1
おろしショウガ 小さじ1
水溶き片栗粉 適量

1.厚揚げを一口大にカット。長ネギはみじん切りにする。
2.ガラスボウルに厚揚げ以外の食材を入れてしっかりと混ぜる。

3.厚揚げを上に乗せる4.ボウルにラップをして「麻婆豆腐」で調理
5.加熱が終わったら一度混ぜて追加で1分加熱

 

レシピ.2「アスパラ豚塩麹つくね」

塩麹で味付けした豚のひき肉でアスパラガスを巻いて焼いたグリルメニュー。ビストロのグリル機能を利用することで手軽に焼ける。豚ひき肉の味付けに塩麹を使うことで肉が柔らかくなり、美味しくでき
る。お弁当にも最適。

<材料>アスパラガス 8本
豚ひき肉 300g
おろしショウガ 小さじ1
塩麹 大さじ2
鶏ガラスープの元 小さじ1
長ネギ 1/2本
ごま油 大さじ1
塩コショウ 適量

1.アスパラガスの根元をカットしてピーラーで皮を剥き、1/2にカット。
2.アスパラガスを600Wで1分加熱。
3.アスパラガス以外の食材をボウルで混ぜ合わせる。
4.2本ずつのアスパラガスの周りにひき肉を巻きつけて、グリル皿に乗せ、「グリル・両面焼き上段」で15分~20分焼いて完成。

レシピ.3「洋風麻婆なす&トマト」

トマトの酸味でさっぱりと食べられる麻婆。レシピブックに掲載されている「麻婆なす」のレシピにトマトを混ぜるだけのメニューなので作り方は非常にシンプルだ。そのまま食べるのもいいが、ご飯にのせて丼にしたり、うどんやそうめん、中華麺などに乗せたりするのもありだ。

<材料>
プチトマト 8個
なす 4本
ごま油 大さじ1
豚ひき肉 150g
玉ねぎ 1/4
醤油 大さじ1
酒 大さじ1
片栗粉 大さじ1
おろしショウガ 小さじ1
豆板醤 小さじ1
甜麺醤 小さじ1
鶏がらスープの素 小さじ1
砂糖 小さじ1

1.なすは乱切りにして塩水につけておく。
2.ガラスボウルにひき肉、なすを入れて、その上から調味料をかける。
3.ガラスボウルにラップをかける。
4.メニューの「料理集」から「No.19 麻婆なす」を選び、仕上がり「弱」で加熱。
5.トマトを追加して2分追加加熱して完成。

 

レシピ.4「無限ひき肉ピーマン」

たっぷりのピーマンが食べられる無限メニューの一つ。ひき肉とピーマンをレンチンするだけでたっぷりとできるので常備菜にもなる。お弁当にも最適。ケャップ&マヨネーズを味噌に変えると和風に、醤油&オイスターソースに変えると中華風にアレンジできる。

<材料>
豚ひき肉 300g
ピーマン 8~10個
ケチャップ 大さじ2
マヨネーズ 大さじ2
みりん 大さじ1
酒 大さじ1
片栗粉 大さじ1
鶏ガラスープの元 大さじ1
みじん切りにんにく 小さじ2
おろしショウガ 小さじ2

1.ピーマンを乱切りにする。
2.ガラスボウルにひき肉と調味料を入れて混ぜ合わせる。
3.ガラスボウルにピーマンを追加して600Wで6分加熱

 

レシピ.5「付属メニューアレンジ 豚キムチ春巻」

付属レシピブックに掲載されているメニューをアレンジ。掲載メニューでは豚バラ薄切り肉を使っているところをひき肉に変えた。その分脂身が少なくてやや、あっさりするので、味付けを濃く変更している。さらにチーズなどを入れても美味しい。

<材料>
豚ひき肉 140g
キムチ 140g
ニラ 40g
酒 大さじ1
片栗粉 大さじ1/2
醤油 大さじ1
ごま油 大さじ2
春巻きの皮 10枚
サラダ油 大さじ1
小麦粉 適量

1 ニラとキムチをみじん切りにしてひき肉と調味料をあわせる。
2.春巻きの皮を半分にカットして具を包む。
3.両面に油を塗ってグリル皿に並べる。
4.メニューの「料理集」から「No.120 豚キムチの春巻き」を選んで加熱する。

レシピ.6「包まないシュウマイ」

皮に包む代わりに耐熱皿に並べるシュウマイ。包む手間がないので短時間で作れる。 また、豚ひき肉だけでなく豆腐も入れるため、あっさりとした食感になり、さらにヘルシーに仕上げられる。上下にシュウマイの皮をばら撒くことでシュウマイ感も味わえる。

<材料>
豚ひき肉 300g
絹ごし豆腐 150g
玉ねぎ 1/2個
干ししいたけ 3枚
酒 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
片栗粉 大さじ1
鶏ガラスープの元 小さじ1
おろしショウガ 小さじ1
ごま油 小さじ1/2
塩 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/2
焼売の皮 10枚~

1.干ししいたけは水で戻してみじん切りに、玉ねぎもみじん切りにして、600Wで40秒加熱する。
2.ボウルに豚ひき肉、豆腐、チンした玉ねぎ、干し椎茸を入れて混ぜ合わせる。さらに調味料も加えて 混ぜ合わせる。
3.耐熱皿にごま油(分量外)を塗り、具材を入れて平らにする。
4.表面に細切りにしたシュウマイの皮を被せる。
5.好みに応じてコーンや枝豆などで飾る。
6.ラップをかけて電子レンジ600Wで8分加熱して完成。

 

レシピ.7「しいたけ、ピーマン、長茄子の肉詰め」

塩麹で味付けした豚ひき肉をしいたけ、ピーマン、なすなどに豚肉を乗せてグリルで焼いたメニュー。 ふんわりとした肉とジューシーなしいたけ、しゃっきりしたピーマン、とろとろなすのコントラストが楽しい。野菜このほか、パプリカやれんこんなどもアレンジできる。

<材料>
生椎茸 4つ
ピーマン 6つ
長茄子 1本
豚ひき肉 300g
玉ねぎ 1/2
卵 1個
塩麹 大さじ1
おろしショウガ 大さじ1
酒 小さじ1

1.しいたけは軸をカット。ピーマンは半分にカットして種を取る。
2.長なすは半分にカットして、600Wで2分加熱。ボート型になるよう中身をくり抜き、みじん切りにする。
3.豚ひき肉、玉ねぎ、卵、塩麹などを混ぜ合わせ、しいたけやピーマンに盛っていく。
4.みじん切りにしたなすと3.を混ぜて、なすのボートに乗せる。
5.グリル皿になす、ピーマン、しいたけを乗せて、「グリル・両面焼き上段」で15分~20分焼いて完成。

 

レシピ.8「レンジで作るお手軽ルーローハン」

本来、豚バラ肉で作るメニューだが、それをひき肉でアレンジ。その分、あっさりしていて短時間で作れるのがポイント。五香粉がルーローハンらしい、台湾の香りが楽しめるメニューです。なお、五香粉がない場合、代わりにカレー粉で代用も可能。ひき肉以外の豚肉があればそれを混ぜると食感の違いが楽しめる。なお、温泉卵もビストロで作れます。

<材料>
豚ひき肉 350g
玉ねぎ 1/2
醤油  大さじ3
みりん   大さじ3
砂糖  大さじ2
オイスターソース 大さじ1
みじん切りにんにく 小さじ1
おろしショウガ  小さじ1
片栗粉 小さじ1
ごま油 小さじ1
五香粉 適量
卵 2個

1.玉ねぎをみじん切りにする。
2.豚ひき肉、玉ねぎ、そして五香粉以外の調味料をガラスボウルに入れて混ぜ合わせる。
3.ラップをして600Wで5分加熱。
4.一度取り出して五香粉を5,6振りして混ぜ合わせる。
5.さらに1、2分加熱。
6.ビストロメニューで温泉卵を作成。
7.温泉卵とともにご飯に乗せて完成。

「ワンボウルメニュー」が充実したビストロだからこそ手軽に調理できる

今回紹介した8つのレシピで約2kgの豚ひき肉を使用した。これで肉の残りは150gぐらい。もう1品くらいは作れそうだ。このように多彩なメニューが簡単に作れるのは「ビストロ NE-BS2700」に搭載する「高精細・64眼スピードセンサー」のおかげだ。食材の温度や分量などを見極めて、自動で最適なレンジ温めができる。

さらにレンジ機能はグリル調理時のグリル皿の加熱にも活用されている。レンジ加熱のマイクロ波により、グリル皿が高温に加熱でき、食材をヒーターの上面だけでなく底面からも同時に加熱できるのだ。この機能により、短時間でグリル調理ができる。

今回はワンボウルメニューとグリル調理機能を利用した多彩なメニューを紹介した。この他にも豚ひき肉を使ったパスタや、カレーなども 作れる。さらに、豚ひき肉ではなく、合挽き肉を用意すればハンバーグやメンチカツなども選択肢に入る。 「ビストロ NE-BS2700」があれば毎日のメニューを低コストで手軽に作れるのだ。