腕に巻くだけ。書いて消せるメモ『WEMO』がプレゼン時のカンペとしても使えそう

メモを取りたい時に書く紙がなくて、手の平や手の甲にメモをした経験はないだろうか? そんなときに、役立ちそうな腕に巻き付け装着するウェアラブルメモ『WEMO(ウェモ)』が発売されている。これなら手を汚すことがなく、いつでもどこでもメモしたり確認したりが可能なのだ。

シリコンゴムが板状になっており、手首に軽く当てると丸く巻き付くような仕様になっている『WEMO』。油性ペンや油性ボールペンで書き込めて、指や消しゴムで擦ると消せるため、繰り返し使用できる。また、防水加工により、水に濡れても消えないのもポイントだ。

実際に使用してみると、手首にしっかり巻き付くが締め付けられるような感覚はなかった。書き心地は良いが、消す際にはしっかり消さないとなかなか消えない。そのため沢山メモする必要がある時には不向きのように感じるが、ちょっとメモするくらいならちょうどいいかもしれない。

現在は、白・青・肌色・緑の4色展開。柄付きのモデルも近日発売予定とのことだ。

機能性フィルムメーカーのコスモテックと、デザインコンサルティング会社のkenma Inc.が開発した本製品。病院で手にメモする看護師の様子を頻繁に目にしたことから着想を得たんだとか。コスモテック社が特許を保有する世界初の肌用感圧型転写シール技術を応用し、メモに特化した表面加工を行うことでなめらかな書き心地を実現したそうだ。

医療や農業、製造現場はもちろん、プレゼンテーション時にカンペとして身につけたり、暗記ツールとして覚えられない単語を書き留めたりして使用する際にも活躍しそうである。

価格は1200円(税別)。Amazonや東急ハンズ新宿・渋谷・池袋店等で販売されている。

関連サイト

WEMO