石井和美の家電やりすぎ比較レビュー コードレスクリーナー 6モデル 【No.2】 ダイソン/Dyson V11 Absolute Extra

今回比較するジャンルはこちら

コードレスクリーナー 6モデル

吸引力の性能が高いコードレスクリーナーは、数年前のモデルよりもコンパクトなサイズとなり、バッテリーも進化して長時間使えるようになっている。今回はメインのクリーナーとしても使える、吸引力がパワフルな各社のコードレスクリーナーを比較テスト。フローリングやカーペットで擬似ゴミを吸引した。カーペットに張り付いた人毛も吸引し、お手入れのしやすさなども注目。それぞれ特徴が異なるので、細かくチェックする。

こんな厳しいテストをしました!

POINT 1 フローリング

  • フローリングにカラーサンドをまいた。注目したいのは、フローリングの溝に入り込んだ砂もとれているかどうか。ブラシの横幅分、残さずにとれているかもチェック。

POINT 2 カーペット

  • カーペットにおがくずをまいて吸引。おがくずはカーペットに張り付いてとれにくい。吸引力だけでなく、回転するブラシの当たり方によって取れ方が変わる。

POINT 3 髪の毛

  • 長髪の人毛を20本ほどまき、しっかりと押しつけて人毛がカーペットに張り付いた状態で吸引する。ヘッドはゆっくりと往復1回だけ動かして結果を見る。

POINT 4 壁際

  • フローリングの壁際にペットのトイレ用砂をまいてテスト。このトイレ砂は、1粒は5mm程度。ゴミとしては大きいが、壁際に押し出さずに吸えるかどうか、チェック。

POINT 5 お手入れ

  • ダストボックスの捨てやすさ、ブラシのお手入れのしやすさなどに注目。詰まると本来の性能を発揮できない場合があるので、簡単なものを選びたい。

POINT 6 使いやすさ

  • 各モデルでは使いやすいポイントが異なる。独自機能を中心にチェック。実際にモノがある家庭で試し、先進性だけでなく、実用性があるものを評価している。

MODEL 2
ダイソン
Dyson V11
Absolute Extra

実勢価格:9万7900円

壁際もしっかりとれる

ダイソン デジタルモーター V11は、2つのディフューザーがモーターから出る空気の流れを整え、乱気流を低減し、吸引力が向上。3つ目が騒音を低減。これによりDyson V11は、前モデルのV10に比べ吸引力が25%アップ、運転音が11%静かになっている。また、昨年モデルより製品の全長が約7.8cm短くなり、操作性が向上。液晶ディスプレイには、選択中の吸引モードなどの稼働状況がリアルタイムに表示されるようになった。

SPEC

充電時間 3.5時間
本体質量 2.76kg
本体寸法 W1134×D250×H246mm
最長連続運転時間 エコモードが約40分/60分(クリーナーヘッド/非モーター駆動ツール装着時・以下同)、中モードが約20分/30分、強モードが約8分/5分
付属品 ダイレクトドライブクリーナーヘッド、ミニモーターヘッド、LED隙間ノズル、コンビネーションノズル、専用充電ドック、収納用ブラケット

 

01 フローリング

ソフトローラークリーナーヘッドの横幅が広く、端から端までしっかり吸えている。筋なども残らず、溝までキレイになった。

02 カーペット

カーペットに強いダイレクトドライブクリーナーヘッドに変えてテストを行った。しっかり吸えているが、ヘッドの交換は少々面倒。

03 髪の毛

ダイレクトドライブクリーナーヘッドで掃除したところ、残さず吸引できた。ただ、やはり交換が少々面倒なのと、毛のからまりが気になる。

04 壁際

微細な砂も大きめなトイレ砂も吸引できており、残っていない。端に溜まりやすいホコリやゴミの掃除も、これなら安心して使える。

05 お手入れ

本体部分が重く、ゴミ捨てのレバーがかたい。また、ダイレクトドライブクリーナーヘッドは毛などがからまりやすく、毎回お手入れが必要。

06 使いやすさ

液晶ディスプレイは、掃除中、持ったときにちょうど視界に入る場所にあり、とても見やすい。状況がわかるので効率よく掃除できる。

Result

 

大きなゴミも小さなゴミもぐんぐん吸う
音も静かで夜間の掃除もできる

一昔前までは「ダイソンの掃除機は音がうるさい」という印象だったが、V11は音が小さいので驚いた。今回試した中でも音の静かさはトップクラスで、夜間でも問題なく使用できる。フローリングの吸引力は申し分なく、他社のようにヘッドを往復しなくても、押すだけでしっかりゴミを取りきれるパワーがある。大小のゴミも同時に吸引でき、壁際の掃除も見事な結果となった。ただ、カーペット掃除に関してはヘッドを交換するのが少々面倒で、髪の毛などもからまりやすかった。お手入れもレバーのかたさなどが気になった。

profile:家電プロレビュアー 石井和美

守谷市にレビュー用の家「家電ラボ」をオープン。白物家電を日々レビューし、メディアやブログで公開している。家電blog管理人。